アメリカ株の積立投資:銘柄と方法を2パターン紹介【自動化も!?】

投資

こんにちは、しばこー(@lifeokmaru)です。

今日は、アメリカ株の積立投資の方法を2パターン紹介します。

また、それぞれの方法で自動化する方法も紹介していきます。

読んでほしい人

アメリカ株について。。。
〇これから投資を始める人
〇積立する適切な銘柄を知りたい人
〇積立する方法を知りたい人
〇投資が面倒で自動化したい人

アメリカ株の積立投資ってできるの?

適切な銘柄は?どうやってやるの?

という疑問に答えていきます。

記事の内容

〇日本の投資信託で代用する方法←誰にでもおすすめ
〇SBI証券の自動積立を利用する方法
〇どちらの場合も「S&P500に連動する」銘柄を選ぶ

私は2019年9月からアメリカ株を買い始めました。

毎月アメリカ株に積立投資を行っています。

私自身は手動で銘柄を選びながら積立投資をしています。

おすすめの銘柄だけではなく「自動化」についても紹介していこうと思います。

(私は選ぶのが好きなので手動にしています。)

2パターン紹介しますので、あなたに合った方を選んでみてください。

※おすすめの投資信託、アメリカ株を紹介しますが、投資は自己責任でお願いします。

アメリカ株ETF投資には証券口座が必要です。まだ持っていない人は先にこちら↓

※個別株やETFを直接自動購入したい方はSBI証券がおすすめです。

それでは、アメリカ株の積立投資の方法を2パターン紹介していきます。

スポンサーリンク

アメリカ株の積立投資方法2パターン

アメリカ株に積立投資する方法は以下の2パターンがあります。

〇日本の投資信託で代用する方法
〇SBI証券の自動積立を利用する方法

誰にでもできておすすめなのが、日本の投資信託で代用する方法です。

ネット証券の大手3社(SBI、楽天、マネックス)どこでも簡単にできます。

しかも、毎月定額を積み立てていくことが可能です(100円から)。

SBI証券の自動積立を利用する方法は、少し玄人向けですがいい方法です。

(自動積立でなくていい人は、どこの証券会社でも大丈夫です。)

それでは、「日本の投資信託で代用する方法」から紹介していきます。


日本の投資信託で代用する方法

銘柄を選ぶ

誰でもできておすすめなのが、日本の投資信託で代用する方法です。

具体的には、「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」を積立投資する方法です。

世界一優秀な指数と言われる”S&P500”に連動するように設計された投資信託です。

(「日経平均」「TOPIX」「ダウ平均」といった指数はニュースでもおなじみです。)

「え?アメリカ株に投資したいのに、日本の投資信託なの?」

と思ったかもしれませんが、安心してください。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は間に中継会社が入ってはいますが、アメリカ株に投資しています。

eMAXISシリーズのおすすめポイントは、「手数料最安を目指す」と明言しており、実際に手数料が最安なところです。

購入、売却にかかる手数料は無料。

さらに、投資信託の運用手数料は0.0968%です。

日本のアクティブ型投資信託では2~3%と設定している商品もあります。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019」の第2位に選ばれた実績があります。

※1位は同じeMAXISシリーズの全世界投資型の商品です。

自動積立設定をする

投資する銘柄はeMAXIS Slim米国株式(S&P500)にしました。

自動化するにはネット証券の自動積立を設定します。

※自動積立設定は各ネット証券が用意しています。楽天証券の画面で紹介します。

積立注文から「積み立てる金額」と「日付」を設定すると、毎月自動で積立投資をしてくれます。

これで、アメリカ株に積立投資することができます。しかも自動です。

あとは何もすることはありません。

思ったより簡単で、派手さはありませんが、間違いない方法です。

続いて、もう1つの方法である「SBI証券の自動積立を利用する方法」を紹介していきます。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

スポンサーリンク

SBI証券の自動積立を利用する方法

SBI証券はネット証券の中で、唯一「米国株式・ETFの定額買付サービス」があります。

こちらのサービスを利用していきます。

銘柄を選ぶ

投資先は先ほどと同じく、S&P500に連動したアメリカ株ETFがおすすめです。

銘柄は「VOO:バンガード・S&P500 ETF」を積み立てていきましょう。

投資信託と違って、買付手数料と為替手数料が発生しますが、経費率は0.03%とアメリカ株ETFで最安です。

合わせて読みたい↓

自動積立設定をする

投資する銘柄はVOOにしました。

あとはSBI証券の自動積立サービスで

  • 日付、曜日、ボーナス月
  • 株数指定 又は 金額指定
  • 外貨決済 又は 円貨決済

以上を設定しておけば、アメリカ株に積立投資することができます。しかも自動です。

※注意※

投資信託と違い100円単位で買うことはできません(1株単位での購入になります)。

なので、積立したい金額に対して少しだけ余裕をもって設定するのがおすすめです。

※楽天証券とマネックス証券は”投資信託”しか自動積立設定できません。
自動積立しなくていい人は、私と同じように月々自分で買っていきましょう。
その場合は証券会社にこだわる必要はありません。

最後に紹介した2つの方法をまとめます。

まとめ

アメリカ株の積立投資を自動でする2つの方法

☆銘柄について

世界一優秀な指数”S&P500”に連動する銘柄がおすすめ
〇投資信託:eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
〇アメリカ株ETF:VOO:バンガード・S&P500 ETF

☆日本の投資信託で代用する方法

〇eMAXIS Slim米国株式(S&P500)に投資する
〇ネット証券の自動積立を利用する

☆SBI証券の自動積立を利用する方法

〇VOO:バンガード・S&P500 ETFに投資する
〇SBI証券の「米国株式・ETFの定額買付サービス」を利用する

いかがだったでしょうか。

銘柄選定は、ネット証券3社に共通してある銘柄にしました。

S&P500指数は10年保有で「いつ投資を始めても損をしなかった歴史」をもつ素晴らしい指数です。

他の投資信託やアメリカ株ETFでも同じ設定ができますので、自分のお気に入り銘柄がある人は、設定してみてはいかがでしょうか?

それではー

SBI証券[旧イー・トレード証券]
プロフィール
しばこー
年齢:29歳(1991年生まれ)
性別:男
ひとこと:米国株って書いてる記事とアメリカ株って書いてる記事がある。。。リライトして統一しないと。。。

Twitter: https://twitter.com/lifeokmaru
Instagram: https://www.instagram.com/life.okmaru/
ゆるーく勉強や自己研鑽をして自分を高めていくのが目標ですb

記事作成日 2020.04.23

コメント

タイトルとURLをコピーしました