残業して貧乏なサラリーマンのたった1つの習慣【あなたは大丈夫?】

生き方

こんにちは、しばこー(@lifeokmaru)です。

今日は、残業しても貧乏になるサラリーマンのたった1つの習慣について書いていきます。

読んでほしい人

〇残業帰りに、この記事を読んでいるあなた
〇昨日、残業したあなた
〇残業しているのにお金が貯まらないあなた

最初に、ひとつ言わせてください。

「残業お疲れ様です!! 自分のため、家族のため、会社のため、よく頑張っています!!」

でも、「残業代もあるのに生活が楽にならない」という人、多いんじゃないでしょうか?

なぜなのか、1つの回答を紹介します。

記事の内容

〇残業しても貧乏な人の習慣とは
〇自分へのご褒美は言い訳にすぎない
〇言い訳せずに贅沢しよう

私もサラリーマンで、残業することもあります。

残業した帰りの電車で「これは残業しても貧乏になってしまうな?」と感じたことがあったので、記事にしました。

あなたも同じことをしていたら、絶対にやめるべきです。

それでは結論から紹介していきます。

スポンサーリンク

残業しても貧乏な人の習慣とは

結論:残業したご褒美を自分に与えているから。

これだと気が付きました。

残業した分のお金を「頑張った自分へのご褒美」という、謎の理由で使っていませんか?

それって意味ないですよね?

会社にいいように使われていませんか?

本来なら残業代がある分、給料が多くてお金持ちになれるはずなのに。。。

私も残業帰りに小腹が空いて。。。

今日もよく頑張ったなぁー

帰りにちょっとだけ「自分にご褒美」あげちゃお!!

気が付けばコンビニで”お菓子”と”ジュース”を買っていました。

いや、ちょっと待ってください。

一瞬、気持ちが紛らわされただけで、自分のお財布はプラスになっていません。

  • 晩酌用のビール
  • コンビニの新作スイーツ
  • ファミチキ

自分のご褒美と言い訳した浪費だと思いませんか?

頑張って稼いだ給料で買おうしていたものは、他にあるはずです。

  • 迷惑かけている家族との外食
  • お世話になった両親への親孝行
  • もっと仕事をできるように自己投資

残業した分を帰り道で消費しては、いつまでたっても先に進めません。

あなたは大丈夫ですか?

自分へのご褒美は言い訳にすぎない

残業して気持ちが下向いている気持ちはよくわかります。

でも、「自分へのご褒美」は言い訳にすぎません。

立派な浪費であることを確認しましょう(私も気が付きました)。

「自分へのご褒美」がは非常に危険です。

心のどこかで。。。

浪費→必要経費

に変換しているからです。

  • これがあるから頑張れる
  • 頑張ったんだから仕方がない
  • 明日も頑張るために買ったんだ

(わかります。私もサラリーマンですから。)

「浪費→必要経費」と変換していることで常習化していませんか?

常習化することで、月々の出費が増えて、残業しないと給料が足りなくなります。

残業がなくなれば「自分へのご褒美」を全部スパッと辞められると思いますか?

晩酌のビール、コンビニの新作スイーツは、いつでもあります。

しかも、残業がなくなれば、ゆっくり時間をかけて楽しめます。

簡単にやめられないと思います。

それならどうしたらいいのか?

「自分へのご褒美は浪費なんだ」と認めることです。

仕方のない出費ではなく、贅沢をしていると認識することです。

なぜ贅沢と認めるといいのか、紹介していきます。

スポンサーリンク

言い訳せずに贅沢しよう

自分へのご褒美は。。。

  • 経費であり出費→×
  • 浪費であり贅沢→〇

言い訳し続けるから、いつまでたっても貧乏なのです。

贅沢だと認めることで、お金が少しずつ貯まっていきます。

残業して貧乏になるのは、自分へのご褒美が常習化しているのが1つの原因です。

残業をして生活費が増えては、時間が無くなり金銭的にも貧乏になります。

贅沢だと認められれば、「今日はやめておこう」と思えるはずです。

”たまに”贅沢するから、贅沢は楽しいし気持ちよくなれるのです。

思いとどまる回数が増えれば増えるほど、お金は貯まっていきます。

贅沢するのは素晴らしいことです。

生活するためと同じぐらい、贅沢するために働いてもいいと思います。

コツコツ貯めたお金で贅沢することこそ、「本当の自分へのご褒美」です。

残業帰りのご褒美の常習化から抜け出して、残業代を使って楽しい贅沢をしましょう。

それでも帰り道にお腹が空いたときは、贅沢としてコンビニに寄ったらいいのです。

※個人的には。。。

物か思い出にするのが素敵な贅沢かなと思います(ありきたりですが)。

  • 趣味に使う道具を新調する
  • 欲しかった時短家電を買う
  • おいしい焼き肉に家族で行く

なぜなら、帰り道のコンビニは一瞬だけ気持ちよくなって終わりだからです。

なのに、中毒性があります。

もちろん買いすぎ注意ですが。。。

まとめ(残業した分、楽しもう!!)

残業しても貧乏になるサラリーマンのたった1つの習慣は。。。

「自分へのご褒美」が常習化していて、残業代をその場で消費しているから。

残業してもお金があって楽しいサラリーマンは。。。

「自分へのご褒美」を贅沢だと認めて、今日はやめておこう!!をできるから。

いかがだったでしょうか。

特に、通勤時間が長いサラリーマンは危険です。

駅前のコンビニは危険ゾーンです。

1度きりの人生、楽しまないのはもったいない!!

でも、気が付かないうちに貧乏なサイクルを繰り返していたら、楽しめない!!

ちょっとの意識改革で、贅沢な人生を送りましょー!!

それではー

合わせて読みたい↓

プロフィール
しばこー
年齢:29歳(1991年生まれ)
性別:男
ひとこと:自分で記事を書きながら辛くなってきました。。。帰りの道で買い食いって本当においしいから。。。

Twitter: https://twitter.com/lifeokmaru
Instagram: https://www.instagram.com/life.okmaru/
ゆるーく勉強や自己研鑽をして自分を高めていくのが目標ですb

記事作成日 2020.06.27

コメント

タイトルとURLをコピーしました