【30歳本音】会社の飲み会に若手が来ない5つの理由【改善方法あり】

雑記

こんにちは、しばこー(@lifeokmaru)です。

悲しい人
悲しい上司

・部下が飲み会に来ない…

・部下とコミュニケーションとりたい…

・部内の雰囲気をよくしたい…

こんな悩みを解決します。

記事を読んでわかること

・若手の本音がわかる
・部下とコミュニケーションを取る方法がわかる
・飲み会に参加してもらえるカモ

しばこー
しばこー

現在30歳です。

社会人として上司との飲み会に参加してきました。

上司との飲み会は好きな方です。

でも全て参加するかと言われると”No”です。

会社の忘年会に関するアンケートでは、
7割近い人が「参加したくない」と回答している調査もあります。

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000018041.html

「参加したい飲み会」と「参加したくない飲み会」の違いについて、若手目線から考えてみました。

若手(部下)と飲みに行きたいと思っている人は
ぜひ最後まで見てください。

スポンサーリンク

飲み会の必要性について

飲み会に参加しない若手が増えています。

しかし、若手全員が飲み会を嫌いなわけではありません。

上司とのコミュニケーションが必要なのは若手も理解しています。

しばこー
しばこー

上司と楽しく飲んだ思い出がたくさんあります。

可愛がってもらえて感謝しています。

ただし”飲みニケーション”に頼ろうとしているなら、
考え方を改めなければなりません。

社内のコミュニケーションに”プラスα”を生み出すのが飲み会です。

若手には「会社の飲み会は時間とお金の無駄思考」があります。

親睦を深めに飲みに行くのではなく、
仲良くなったから飲みに行く。

しばこー
しばこー

会社でもお世話になっているけど

「飲みに行ったらより仲が深まった。」

を目指してください。

若手の思考をお伝えしたところで、
飲み会に参加しない理由と改善策を紹介します。

若手が飲み会に参加しない5つの理由

  1. 楽しくない(時間の無駄)
  2. お酒や飲み会が嫌い
  3. 仕事とプライベートを分けたい
  4. 偽りの自由参加が逆にメンドウ
  5. お金がかかる

今どきの若い奴が言いそうなことが盛りだくさんです。

順に紹介していきます。

楽しくない(時間の無駄)

楽しくない飲み会は時間とお金の無駄!!

嫌なことにお金と時間を使う意味が分からない。

若手の正直な気持ちだと思います。

しばこー
若手代表
しばこー

帰ってYoutube見て、

ゲームして、風呂入って寝たい!!

飲み会に参加しなくても、
楽しいコンテンツが溢れています。

しかも全部無料!!

若手が飲み会より帰りたいのは当然です。

お酒や飲み会が嫌い

若者のお酒離れが進んでいます。

  • 体質的に飲めないから行きたくない…
  • 飲んで騒いで次の日しんどい…
  • お酒と夜更かしで次の日に影響したくない…

次の日が仕事の飲み会は最悪です。

明日のことを考えながら飲まないといけません。

会社プライベート関係なく、
夜更かしと飲み会を好まないのです。

仕事とプライベートを分けたい

仕事は仕事。
プライベートはプライベート。

バシッと分けたい若手もいます。

仕事の時間は給料が出るから働く。

飲み会の時間は給料が発生しません。
→それなら職場の人と一緒にいる意味はない。

仕事はしっかりやるから、
プライベートに干渉しないでほしい。

仕事が終われば自由になりたい若手の思考です。

あきれる人
あきれる上司

確かにそうだけどさ…

偽りの自由参加が逆にメンドウ

「よかったら参加しない?」
と言われたから、

「じゃあ参加しません」と答えたら
怒られることがあります。

困っている人
若手代表
しばこー

(じゃあ最初から全員参加って言えよ)

「空気を読め!!」は若手に通用しません。

強制はパワハラですが、
勧誘の意図はしっかり伝えましょう。

お金がかかる

嫌々ながら飲み会に参加した上に
「1人5,000円ね」と言われたら最悪です。

その5,000円があれば…

若手はケチです。
安く遊ぶ方法を知り尽くしています。

  • 洋服はユニクロ
  • 家ではYoutube、TikTok、Instagram…
  • 車や家に興味ない
  • 趣味は貯金
  • 彼氏(彼女)、友達も同じ思考

若手は「現状維持で変わらない毎日が幸せ」です。

貴重な時間とお金を飲み会に使うのは無駄と考えています。

若手が参加しないPoint

・楽しくない
・飲み会を時間の無駄と考えている
・お金の価値観が変化している

改善点:若手が参加する飲み会は?

若手の飲み会に対する考え方を紹介してきました。

悟る人
悟る上司

気が付いていたけど、

改めて考え方が違うなと思ったよ。

どうしたら飲み会に参加してくれるのか。

5つの改善点を紹介します。

  1. 強制しない(お酒と参加)
  2. 金銭的に補助する
  3. プライベートに踏み込みすぎない
  4. 武勇伝は若手目線で話を
  5. 上司からも感謝を

強制しない(お酒と参加)

若手は強制されると拒否します。

特にお酒の強要は絶対にやめてください。

飲み慣れていないので、
お酒の弱い人が増えています。

あくまで楽しく飲みたいものです。

参加に関しては、
ハッキリと意図を伝えましょう。

本音と建前を使わずに伝えます。

・歓迎会だから”全員参加してほしい”

・久しぶりに飲みに行かないか?
 ”時間がある人だけでいいぞ”

・○○プロフェクトの打ち上げだから、
 担当していた○○と○○は参加してほしい。
 あとは自由参加でOK

空気を読まなかったことを
後で言われるとムカつきます。

空気を読まなくていいように、
最初から明言しましょう。

金銭的に補助する

  • 全額おごる
  • 半分は上司が出して、残りを参加者で割る。
  • 年次別に傾斜をつけて回収する。

とにかく上司がたくさんお金を出してください。

怒る人
若手代表
しばこー

つまらない飲み会で
お金まで払わされた!!

となれば、二度と参加しません。

お金だけでも出せば、
若手も悪い気はしません。

家族がいておこづかい制の場合、
若手社員よりも金銭的に余裕はないでしょう。

残念ながら若手に
家族持ちの気持ちはわかりません。

自分もおごってもらった過去を思い出して、
金銭面は補助してあげましょう。

プライベートに踏み込みすぎない

社内ではしづらいプライベート話はしてもOKです。

飲み会でまで仕事の話をされたら
若手はウンザリします。

適切な範囲でプライベートな話をします。

  • 休みの日の過ごし方
  • 学生時代のサークルや部活動
  • 彼女(彼氏)の有無

どのくらい踏み込まれると嫌かは人によって異なります。

上司としての観察力が試されます。

若手は”結婚や子ども”の話に興味があります。

あなたが結婚して子どもがいる場合、
ぜひ話してあげてください。

  • 旦那さん、奥さんとの出会い
  • 結婚式の費用
  • 子どもができてからの生活

若手のプライベートを引き出すために、
自分の話をするのもいいでしょう。

彼氏(彼女)がいらないと考える若手もいます。

「特に相手はいらない」と言われても驚かないように。

悩んでいる人
若手代表
しばこー

なんで彼女いらないの!!

とかしつこく聞かれたらメンドクサイ…

仕事の話は職場でも可能です。

踏み込みすぎないように注意しながら
プライベートな話で親睦を深めましょう。

当たり前ですが、
そのあとに社内で噂を流したらダメ!!

武勇伝は若手目線で話を

飲み会の定番は「上司の武勇伝」です。

若手にとって
上司の武勇伝ほど嫌いな話題はありません。

しかし!!
武勇伝は少し目線を変えるだけで、
若手にとって”ありがたい話”になります。

俺が若いときに○○したら、業績が上がったんだ。
当時は今と違って便利じゃなかったから…

俺が若いときに

  • 何に困って
  • 何を工夫して
  • 誰に相談して
  • どれくらい頑張ったのか

そしたら業績が上がったんだ。

若手目線で話してあげほしいのです。

お酒が入って気持ちよくなってきたときでも、
常に部下目線で話をします。

しばこー
若手代表
しばこー

あの上司と飲みに行くとおごってもらえて、

仕事のアドバイスをもらえる。

そう思ってもらえれば若手は飲み会に来てくれます。

上司からも感謝を

昔は上司がおごったら、
部下がお礼をいうのが当たり前でした。

時代は変わりました。

かわいい人
上司

今日は参加してくれてありがとう。

楽しかったし、また行こうね!!

あなたからも感謝を伝えましょう。

お礼を言われて嫌な気分になる人はいません。

  • 誘ってやった
  • 話してやった
  • おごってやった

飲み会を上から目線で考えてはいけません。

飲み会を通じてチームメンバーと、
親睦を深められたことに感謝しましょう。

改善のPoint

・お酒と参加を強制しない
・おごってあげる
・若手の気持ちを考える

まとめ(若手の思考を学ぼう)

若手が参加しない5つの理由

  1. 楽しくない(時間の無駄)
  2. お酒や飲み会が嫌い
  3. 仕事とプライベートを分けたい
  4. 偽りの自由参加が逆にメンドウ
  5. お金がかかる

改善点:若手が参加する飲み会は?

  1. 強制しない(お酒と参加)
  2. 金銭的に補助する
  3. プライベートに踏み込みすぎない
  4. 武勇伝は若手目線で話を
  5. 上司からも感謝を

若手に媚びる必要はありません。

上司が偉いのは当然です。
若手も理解しています。

むしろ昔より素直で従順な若手が増えていると感じませんか?

思考にジェネレーションギャップがあって、
お互いに理解することができません。

上司のあなたから若手に歩み寄ることで、
部下として(人間として)成長させられます。

ぜひ部下といい関係を築いて、
定期的に飲みにいってはどうでしょうか?

しばこー
しばこー

それでも部下の対応が変わらないなら、

転職して環境を変えましょう。

転職エージェントは”無料”で利用できます。

転職する気がなくても無料で相談できます。

どんな求人があるか見てはどうでしょうか?

合わせて読みたい↓

それではー

プロフィール
しばこー
年齢:30歳(1991年生まれ)
性別:男
ひとこと:こんな状況だと飲みに行けないですよね。また上司と楽しく飲みに行きたいです。
Twitter:@lifeokmaru
Instagram: life.okmaru
stand.fm:しばこの人生おけまるラジオ

記事作成日 2021.06.16

コメント

タイトルとURLをコピーしました