電子書籍と紙の本、結局どっちがいいの?【メリット比較】

読書

※2020.07.30更新

こんにちは、しばこー(@lifeokmaru)です。

今日は「電子書籍と紙の本、結局どっちがいいの?」と題して、

電子書籍と紙の本のメリットとデメリットを紹介していきます。

読んでほしい人

〇電子書籍に踏み出せない人
〇紙の本が家にあふれて困っている人
〇電子書籍に興味がある人

本が好きで、たくさん読むけど、どんどん増えていって大変。。。

電子書籍にしようと思うけど、実際のところどうなんだろう?

という疑問に答えていきます。

以前の私は完全に”紙の本”派で、電子書籍への抵抗もかなりありました。

ですが、今では「本が好きなら買っておくべき!!」と思っています。

メリットばかりではありませんが、本が好きなら気に入ること間違いなしです。

記事の内容

〇結論:本が好きなら持っておくべき
〇電子書籍と紙の本のメリットデメリット
〇よくある質問
〇まとめ(コレクターにこそ電子書籍!!)

実際に使ってみて感じた、メリットデメリットを紹介していきます。

それぞれの良さを改めて確認し、その上で電子書籍をおすすめする理由を紹介します。

スポンサーリンク

結論:本が好きなら持っておくべき

本を定期的に買って読む人なら、電子書籍の購入をオススメします。

なぜなら。。。

  • 持ち運びが簡単
  • スペースが節約できる
  • ネットで買った瞬間に本が手に入る

という3点で電子書籍の圧勝だからです。

一方で、紙の本のいいところの

  • パラパラめくる感じが好き
  • 見開きで2ページを見られる
  • ページを行ったり来たりできる

というメリットは失われてしまいます。

なので、全部を電子書籍にするのはオススメしません。

私も、小説は文庫で買って、ビジネス書籍はかさばるので、電子書籍にしています。

”使い分け”をするために、電子書籍デビューをオススメしたいです。

特に、本が好きな人であればあるほど、良さを分かってもらえると思っています。

それでは、細かいメリットデメリットを紹介していきます。

電子書籍と紙の本のメリットデメリット

電子書籍のメリットとデメリットをまとめました。

ポイントとなるところの色を変えました。

順に紹介していきます。

夜中でも本を買える

私は本を買う前に少しだけ調べて購入します。

書店で買うと、面白そうなタイトルばかりで選びきれないからです。

電子書籍は、家でじっくり調べてパソコンやスマホで購入できます。

寝る前に「これ面白そう!!」と思ったら購入して、翌朝の通勤で読めるのは電子書籍ならではないでしょうか?

合わせて読みたい↓

本棚はいらない、軽い

場所をとらないのが電子書籍のいいところです。

読むかもしれないからと、本を捨てられないタイプの人はオススメです。

(私もそのひとりです)

何冊購入しても、データとして保存されるので、部屋のスペースが圧迫されることはありません。

整理や掃除も必要ないのも楽な点です。

貸し借りできない

意外と不便なのが貸し借りできない点です。

  • 感動した小説
  • 少しだけ値段のするビジネス書
  • マンガの最新刊

私はよかったら、プレゼント用に購入して渡すようにしています。

一方で、電子リーダーを家に置いてきたときや、本体をなくしてしまったときでも、本を失くことがありません。

電子書籍はアカウントで管理されているので、携帯のアプリで読むこともできます。

なくしてしまった場合でも、新しい電子書籍リーダーを購入して、アカウントと同期することでデータを復活することができます。

貸し借りはできなくなりますが、本をなくす心配はなくなります。

スポンサーリンク

よくある質問

電子書籍に関するよくある質問を解消していきます。

Q:書き込んだり折ったりできるの?

A:できます。

写真は、私の読んでいる途中ページです。

  • 右上に折り目
  • 中央にハイライト

がついています。

ハイライトをつけると、書き込みをするか確認されます。

あとから折り目の位置にジャンプすることも可能です。

電子書籍であっても、書き込みや折り目を付けることは可能です。

Q:電子書籍リーダーは必要?

A:なくてもいいけど、購入をオススメします。

電子書籍はアプリさえいれておけば、スマホやタブレットで読むことができます。

なので、なくても大丈夫ではあります。

電子書籍リーダーは電子書籍を読むために最適化された機械なので

  • 電池が長持ちする
  • ライトが本を読むのにちょうどいい明るさ
  • 画面の触り心地がいい

といったメリットがあります。

私も電子書籍リーダーを利用しています。

スマホとタブレットを持ち歩いている人は、さらにもう1台となると過剰かなとは思います。

Q:Kindleと楽天koboはどっちがいいの?

A:普段、本を購入するサイトで選べばOKです。

具体的には

  • Amazonで本を購入する人→Kindle
  • 楽天で本を購入する人→楽天kobo

この使い分けでいいと思います。

Kindleストアは320万冊以上、楽天bookストアでは300万冊以上の本を取り扱っています。

無料のマンガや小説もそれぞれにあります。

大きな差はないので、自分が普段買い物している方の電子書籍リーダーを購入するのがおすすめです。

「どうしても迷ってしまう!!」という人は、エントリーモデルはKindleが¥8,980、koboが¥15,180なので、Kindleから始めてみてはいかがでしょうか?

私は、楽天生活でポイントを稼いでいますので、楽天koboを使用しています。

合わせて読みたい↓

まとめ(コレクターの人にこそ電子書籍!!)

結論:本が好きなら持っておくべき

紙の本にはない魅力がたくさん!!

持ってない人は損してると思います。

電子書籍と紙の本のメリットデメリット

スペースの省略が最大のメリット!!

「あふれてきて醜い本棚」、「カバンの中でかさばる本」の生活とおさらばしませんか?

よくある質問

  • 書き込みやページ折りもできる
  • 電子書籍リーダーは購入がオススメ
  • Kindle(Amazon)とkobo(楽天)は自分の好きな方でOK(迷ったらKindle)

いかがだったでしょうか?

最後に伝えたいことがあります。

「コレクターにこそ電子書籍を買え!!」

マンガや続き物の小説は、ずらっと背表紙が揃っているのがカッコいいし、気持ちいいと思います。

でも、部屋のスペースは限られていて、全部は置ききれません。

コレクション以外を電子書籍にして、コレクションをきれいに並べてほしい。

紙の本が好きな人ほど、電子書籍も愛せるはずです。

それではー

プロフィール
しばこー
年齢:29歳(1991年生まれ)
性別:男
ひとこと:月々の本代がバカになりません(笑)

Twitter: https://twitter.com/lifeokmaru
Instagram: https://www.instagram.com/life.okmaru/
ゆるーく勉強や自己研鑽をして自分を高めていくのが目標ですb

記事作成日 2020.07.04
記事更新日 2020.07.30

コメント

タイトルとURLをコピーしました