誰でも簡単に”褒めて伸ばす人”になってしまう3つのポイント

生き方

こんにちは、しばこー(@lifeokmaru)です。

今日は、誰でも簡単に「相手を褒めて伸ばせる人」になる方法を3つ紹介します。

スパルタで叩いて伸ばす時代は終わりました。

褒めて伸ばせる人になるにはどうしたらいいのでしょうか?

読んでほしい人

〇部下の育成に悩んでいる課長さん
〇部活やサークルで後輩がうまく動いてくれないと思っている先輩たち
〇娘や息子の教育に悩むお父さん、お母さん

褒めて伸ばすなんて、やったことないし、どうしたらいいかわからない!!

そういう人に向けた記事です。

褒めて伸ばすことができると、お互いにいい関係を築くことができます。

怯えさせてやらせるのではなく、自発的に考えて動いてくれる部下、後輩、子どもになること間違いなしです。

記事の内容

〇恥ずかしがらずに褒める
〇”超”具体的に褒める
〇人づてに褒める
〇まとめ(褒めて伸ばすは誰でもできる)

この3つのテクニックは、カフェでアルバイトしていた時に身につけました。

(☆バックスで4年半アルバイトしていました。)

大学生アルバイトが多いので、世代交代が頻繁に起こります。

人材育成の質とスピードがお店を維持するポイントになります。

素敵なお店を維持するには、質の高い次世代を早く育てることです。

そのためには「褒めて伸ばす」ことが重要でした。

それでは、1つ目の「恥ずかしがらずに褒める」から紹介していきます。

スポンサーリンク

恥ずかしがらずに褒める

人を褒める時に、恥ずかしがってはいけません。

”褒める”という行為には以下のような効果があります。

  • 相手の行動を肯定する
  • 相手に自信を持たせる
  • 次もやっていいんだよ、というメッセージになる

相手を認めて、次も同じ行動を促すことができます。

(行動強化のフィードバックと言われます。)

褒められるときに、モジモジしながら小さな声で言われたらどうでしょうか?

「え?聞こえないし、本気で思ってるの?」

となって、行動を強化する効果が薄れてしまいます。

相手に自信を持ってもらうためには、こちらも自信をもって褒めなければなりません。

恥ずかしがらずに、大きな声で褒めましょう。

相手が恥ずかしがったなら、大成功です。

”超”具体的に褒める

褒める時は”超”具体的に褒めましょう。

特に、具体的な行動に焦点を当てて褒めることができれば、更に効果的です。

  • よかったよー
  • いつもありがとー
  • 田中さんは仕事ができるねー

のような、あいまいな褒め方をしてはいけません。

なぜなら、あいまいな褒め言葉は相手を不安にさせてしまうからです。

男性や女性を褒める時に置き換えて考えてみましょう。

悪い例

  • 佐藤さんってかっこいいですよねー
  • 高橋さんってかわいいよねー
  • 中村さんって素敵だよねー

と、言われたとして、嬉しいでしょうか?

「みんなにそう言ってるんでしょ?」

そう感じることはありませんか?

いい例

  • 佐藤さんって、いつも車道側歩いてくれるし、ドアはあけてくれるし、エスカレーターは下に乗ってくれて、真摯なところが、かっこいいですよねー
  • 高橋さんって、TPOに合わせた洋服着てるし、ネイルもはげる前に塗り直してるし、髪の毛もいつも巻いてて、かわいいよねー
  • 中村さんって、いつも笑顔で、聞き上手で、ちゃんとツッコミも入れてくれるから、素敵だよねー

と、言われたら、よく見ててくれて嬉しいと感じませんか?

「私のことをよく見てくれていて、私のことを褒めてくれてる。」

そう感じるはずです。

(やりすぎると怖いですけど。)

あいまいな褒め言葉は、逆に相手が自信を無くしてしまいます。

相手を不安にさせてしまうからです。

行動に焦点を絞って、”超”具体的に褒めましょう。

  • 提出期限の3日も前に出してくれて助かった。こちらも余裕ができたよ。
  • いつも笑顔で元気に挨拶してくれてありがとう。こちらまで元気になるよ。
  • 田中さんに任せると、資料だけじゃなくて、背景情報まで一緒につけてくれるから、あとから見返しても分かりやすいんだ。

どの行動がよかったのか、それが何に効果があったのか。

具体的に説明があると、次からも同じように行動してもらえます。

相手に自信を持たせて、自主的に行動してもらいましょう。

スポンサーリンク

人づてに褒める

人づてに褒めると、褒め言葉の効果が増大します。

人間は集団で行動する生き物です。

そのため、人からの評価を知らず知らずのうちに気にしています。

人の評価を気にする心理を、うまく利用することで、褒め言葉の効果を増強しましょう。

やることは簡単です。

褒めたい相手に直接言わずに、別の人を通すだけです。

具体的に紹介していきます。

課長が部下を褒める場面では。。。

  • 今日のプレゼンよかったよって、言っといてくれない?
  • 今度お礼させてほしいって、言っといて。
  • 田中さんのおかげで締め切りに間に合った、って言っといて。

と言っておきます。

すると、褒めたい相手には以下のように伝わります。

  • 課長が、今日のプレゼンよかったって褒めてたよ!!
  • 課長が、今度ご飯連れて行ってくれるって!!
  • 課長が、田中さんのおかげで締め切り間に合ったってさ、感謝してたよ!!

課長が直接言うより、ニュアンスは柔らかくなるのに、褒めている感じは強化されているように思えませんか?

人を挟むことで、「課長+伝えている人」の2人から褒められている感じになるからだと思います。

簡単ですが、パワハラ対策とコミュニケーションの活発化を実現することもできる有効なテクニックです。

まとめ(褒めて伸ばすは誰でもできる)

恥ずかしがらずに褒める

相手に自信を持たせるには、自信をもって褒める。

相手が恥ずかしがっちゃうくらいが丁度いい。

”超”具体的に褒める

行動に焦点を当てて、具体的に褒める。

中途半端な褒め言葉は相手を不安にさせて逆効果。

人づてに褒める

時には人を介して褒める。

「自分+仲介人」で2人から褒めたように見せられる。

いかがだったでしょうか。

世間では「褒めて育てましょう」「褒めて伸ばしましょう」と言うだけで、具体的な方法は教えてもらえません。

上手に褒めないと、不信感を与えてしまって逆効果です。

3つのポイントを抑えて、明日から褒め上手になってみませんか?

それではー

プロフィール
しばこー
年齢:29歳(1991年生まれ)
性別:男
ひとこと:☆バックスのみんなは元気にしてるかなー

Twitter: https://twitter.com/lifeokmaru
Instagram: https://www.instagram.com/life.okmaru/
ゆるーく勉強や自己研鑽をして自分を高めていくのが目標ですb

記事作成日 2020.07.05

コメント

タイトルとURLをコピーしました