【投資】郵便局や銀行に近づかいないほうがいい2つの理由【初心者向け】

スポンサーリンク
投資

こんにちは、しばこーです。

今回は、投資初心者の方は郵便局や銀行に近づかないでほしいという話を書いていきたいと思います。

ちょっとショックな話ですし、賛否両論あると思うので、1つの意見として聞いてもらえたらうれしいです。

読んでみて、身近に郵便局や銀行で投資をスタートしそうな人がいたら、1回考え直すように伝えてほしいです。

1.コースが多くてわかりにくい
2.手数料が高すぎる

順に解説していきます。

以前、郵便局の投資商品について書いていますので、併せて見ていただけたらうれしいです。

郵便局と赤い銀行の投資信託パンフレットをもらってきました。

スポンサーリンク

コースが多くてわかりにくい

上の写真からもわかるように、郵便局はたくさんのがパンフレットが置いてあります。

銀行のは1冊ですが、中に39コース紹介されています。。。

多すぎ!!わかんないよ!!

郵便局や銀行で投資の相談に行く人って、

〇資産運用したいけどわからないから誰かに相談したい
〇郵便局や銀行なら馴染みがあるし安心

って思って足を運んでいると思うんです。そういうよくわかってない人に、たくさんのコース見せて、どれがいいのかあんまりわからない状態にして、

これがオススメですよ(ニコッ

ってオススメしたらされたら、理由なくその商品にしませんか?

たまごの購入だったら90円か98円かで安いほうを選ぶのに、投資だったら数十万~数百万単位のお金を、よくわからないものに払ってしまう。。。

額が大きくなって、身近なものじゃないと、急に金銭感覚がわかんなくなってしまう。。。

気持ちはわかりますが、一旦冷静になったほうがいいと思います。

お金は人生じゃないけど、人生にお金は必要です(イイコトイッタワ

商品の投資先、内容を理解して納得したら投資してもいいかもしれませんが、あいまいに書いてあるのに難しい内容だと感じました。

スポンサーリンク

手数料が高すぎる

郵便局の投資の時もそうでしたが、とにかく手数料が高すぎます。

投資の手数料には以下の3つがあります。

〇購入時手数料
〇運用管理費用
〇信託財産留保額

上から順に、買付手数料、運用費用、解約手数料といった感じです。

買付手数料、解約手数料がある商品ばかりですし、運用費用も0.6~2%もある商品があります。

私の利用している楽天証券では買付手数料、解約手数料がどちらもかからない、「ノーロード」という商品がたくさんあります。

また、楽天VTIという投資信託は0.13%です。

自分でやったほうが手数料を節約できると思いませんか。

おそらく郵便局、銀行を介すると以下のような構図になるからだと思われます。

産地直送の野菜が安いのと一緒ですねb

スポンサーリンク

まとめ

コースが多すぎてわかりにくいし、手数料も高いので自分でやるべき

でした。

いかがだったでしょうか。

少し手間ですが、大きなお金を投資することを考えると、自分で証券口座を開設して、自分で商品を選んでみてはいかがでしょうか。

私が実際に投資信託、ETFを買付している記事はこちら↓

(ネット証券なら数クリックで安く優良な投資信託を購入できます。)

それではー

プロフィール
しばこー
年齢:28歳
性別:男
ひとこと:読書ページいつ作ろうかなぁ。。。

Instagram: https://www.instagram.com/life.okmaru/
Twitter: https://twitter.com/sh1baco
ゆるーく勉強や自己研鑽をして自分を高めていくのが目標ですb

記事作成日 2019.09.08
記事更新日 2020.01.26 

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] 【投資】郵便局や銀行に近づかいないほうがいい2つの理由【初心者向け】… プロフィールしばこー年齢:29歳(1991年生まれ)性別:男ひとこと:実は母がまとめて投資してしまって、私の勉強不足で身近な人を助けられなかったのが悔しくて記事を書きました。。。 アクティブ投資ではなかったからよかったですが。。。 友人はうまく運用できてよかったです。。。 […]

タイトルとURLをコピーしました