【投資】投資を始める人に伝えたい3つのこと【初心者向け】

スポンサーリンク
投資

こんにちは、しばこーです。

今日は今から投資を始める人に伝えたい3つのことを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

はじめに(しばこーの投資プロフィール)

私は証券口座を作って1年半以上が経過しています(2018年3月開設)。

何もわからない中でスタートして回り道もたくさんしましたが、現在は自分の中で目標を決めて、前向きに投資生活をできています。

現在の運用額は50万円ほどです。

ブログを運営しているような個人投資家としては非常に少額ですが、そのぶん、本当に今から始めるんだ!!って人の気持ちはわかると思っています。。。

そんな私が、これから投資を始めよう、始めてみたいと思っている人に伝えたいことを3つ書いていこうと思います。

失敗に関する記事はこちら↓

スポンサーリンク

目的をしっかりつくる

目的と言われると、身構えてしまうかもしれませんが、大きく3つのどれにするかを考えたらいいと思います。

①将来のために投資する
②配当金を求めて投資する
③株主優待を求めて投資する

将来のために投資する

今は働いていて収入も安定している。

だから

〇将来の年金の代わりにしたい
〇子供の大学の授業料にしたい

という人が当てはまると思います。

将来のために投資したい人は「インデックス投資」がおすすめです。

インデックス投資は「日経平均」や「S&P500」といった、株価の指数に連動した投資商品を購入する方法です。

日経平均なら日本株全体、S&P500ならアメリカ株全体を購入する商品を選びます。

日本が経済成長する、アメリカが経済成長することで、資産が拡大します。

アメリカの指数であるS&P500はこんな感じです↓

アメリカ経済の成長を享受することができます。

世界的にも認められた資産形成の方法で、長期に投資することで誰でも簡単に資産を増やすことができると言われています。

配当金を求めて投資する

〇日々の使えるお金を増やして、少しでも生活を楽にしていきたい
〇週の働く時間を短くしたい(週4勤務)

という人が当てはまると思います。

配当金を求めて投資したい人は「高配当株投資」「高配当ETF投資」がおすすめです。

私もこの投資方法を採用していて、配当金を大きくすることを目指して投資しています。

財務安定の高配当株に投資する
→高配当株投資
高配当株セット商品であるETFに投資する
→高配当ETF投資

定期的に配当金が入金されるので、投資している実感が得られ、給料以外の所得(キャッシュフロー)も作ることができます。

私の配当金はこんな感じです↓

株主優待を求めて投資する

〇株主優待がほしい

シンプルにこう考える人は株主優待を求めて投資するのがいいと思います。

ただ、正直しばこーは、あんまりおすすめしていません。

というのも、株主優待を狙った株は、

△株主優待の権利確定日の前後で値動きする
△配当金で普通に買っても一緒

ということがあるので、普通に高配当投資をした方が、安定するというところがあるからです。

●株主になっている実感がわく
●最新商品のサンプルがもらえる

といったメリットもあるので、応援したい企業の株主になるのはいいかもしれません。

スポンサーリンク

個別株より投資信託やETF

まずは、簡単に投資信託とETFについて解説します。

投資信託とは

多くの人から集めたお金を、ファンドマネージャーがまとめて運用する。投資のコンセプトや連動する指数によって商品が分かれる。非上場で商品の値段は1日に1回決まる。

ETFとは

投資信託と運用方法は一緒だが、上場させることによって、値段が流動的となる。投資信託と比較して運用経費が安い。

以上のような特徴があります。

投資の基本は、「長期・積み立て・分散」です。

中でも、個人投資家の一番難しいのは、「分散」です。

個別株を買うよりも、元から分散がされている投資信託やETFを購入するのがおすすめです。

個人投資家で分散投資することは、時間とお金が足りないからです。

個別株で分散させる場合には最低でも10銘柄、人によっては50~80銘柄に分散するのがいいと言われています。

また、分散は会社だけ分散するのでは意味がありません。

業種セクターや国の分散も必要です。

例えば。。。

〇TOYOTA自動車
〇マツダ
〇日産自動車
〇本田技研工業(Honda)
〇SUBARU

といったように、銘柄はたくさん持っていても、自動車株ばかり持っていた場合、自動車業界の売り上げが落ち込んだときに、持っているすべての株で損失がでる可能性が大です。

「自動車」「不動産」「金融」「消費財」「公共事業」「通信」。。。

といったように、様々なセクターの会社に分散投資しつつ、財務優良企業をみつけるのは、個人投資家にとってはとても難しいです。サラリーマンには時間もありません。。。

以上の理由から

●最初から分散されている
●売上によって投資先を入れ替えてくれる

投資信託やETFがおすすめです。

スポンサーリンク

デートレードは難しい

売買をすることで利益を出すのは非常に難しいです。

私は日本株を少しだけ持っていた時期がありますが、本当に1日、2日で大きく値動きします。

また

上がっている時期は。。。

「もう少し上がるんじゃ(ゴクッ」

下がっている時期は。。。

「元の値段になるまで売りたくない(涙」
「下がり続けるかもしれない、すぐに売ろう(汗」

のように、全く冷静な判断ができません。。。

サラリーマンをやりながら投資をしてる個人投資家は、デートレードに向いていません。

株式の値動きは、世間のあらゆる状況を瞬時に反映すると言われています。

なので、基本的に株価の値動きは予想することができません

底値で買って、高値で売るのは非常に難しいのです。。。

スポンサーリンク

番外編

私が知るのが遅くて後悔したので、これも伝えたい。。。

日本よりも、まずはアメリカに投資しよう!!

ただ、アメリカ投資の話をしだすと長くなってしまうので、また別の機会に。。。

スポンサーリンク

まとめ

1.目的をしっかりつくる
→「将来の備え」「配当金」「株主優待」の3つの中から選ぶ
2.個別株より投資信託やETF
→個人投資家の難敵、分散を実現しよう
3.デートレードは難しい
→感情と時間のコントロールが難しいから

いかがだったでしょうか。

投資を始めた過去の自分に本当に言ってあげたい。。。

読んでくれた方は、うまく自分の資産を増やしていけますように。。。

それではー

プロフィール
しばこー
年齢:28歳(1991年生まれ)
性別:男
ひとこと:リライト作業を進めていますが、直したい記事が多すぎて間に合いません。。。 さらに新規の記事も増やしていかないと(涙

Instagram:https://www.instagram.com/life.okmaru/
Twitter:https://twitter.com/sh1baco
ゆるーく勉強や自己研鑽をして自分を高めていくのが目標ですb

記事作成日 2019.11.17
記事修正日 2019.12.26

コメント

  1. […] 【投資】投資を始める人に伝えたい3つのこと【初心者向け】個人投資家の… […]

タイトルとURLをコピーしました