転職エージェントは複数登録しよう:3~4社がオススメな理由とは?

転職

こんにちは、しばこー(@lifeokmaru)です。

転職エージェントに複数登録するメリット・デメリット、3~4社への登録がオススメな理由を紹介していきます。

悩んでいる人
悩んでいる人

転職エージェントは複数登録した方がいいの?

複数登録するメリットデメリットって何?

複数登録する場合、何社どこに登録すればいいの?

こんな悩みを解決します。

記事を読んでわかること

〇転職エージェントは複数登録した方がいいこと
〇複数登録した際のメリット・デメリット
〇種類別に3~4社登録した方がいいこと

しばこー
しばこー

2020年5月に転職しました。

転職エージェントには4社登録していて、複数登録した方が便利なことがわかりました。

複数登録することでメリットが5つ、デメリットが3つあります。

また、登録する場合は3~4社を種類を分けて登録すると便利です。

順に解説していきます。

スポンサーリンク

複数登録5つのメリット

複数登録するメリットは5つあります。

1.多くの求人を確認できる
2.複数視点からアドバイスがもらえる
3.あなたに合ったエージェントに出会える
4.エージェントの種類を分散できる
5.書類選考落ちの求人に再チャレンジできる

それぞれ詳しく紹介していきます。

多くの求人を確認できる

転職エージェントに複数登録すると、多くの求人を見ることができます。

しばこー
しばこー

初めての転職だと、自分の目指せる企業がわからない。

たくさんの求人をみられるのはいいことだね!!

中小企業出身でも、憧れの大企業に転職することは可能です。

新卒採用の時は、書類すら通過しなかったような大企業に応募が可能です。

複数視点からアドバイスがもらえる

転職では

・転職の軸(何を求めて転職するのか)
・条件(年収、勤務地、福利厚生etc.)
・書類(履歴書、職務経歴書)

のアドバイスをエージェントから受けます。

転職エージェントは転職のプロですが、1人だけではなく複数の意見を参考にしましょう。

やらしい人
Aさん

そんな条件ムリですよ(笑)

と言われた条件でも、他のエージェントでは

しばこー
Bさん

いいですね!!

少し厳しいですが、一緒に探していきましょう!!

と言われることがあるかもしれません。

※実際のエージェントさんは最大限くみ取ってくれます。

書類選考で使用する「履歴書」「職務経歴書」も、複数の目が役に立ちます。

・男女によって
・エージェントの経験によって
・応募する業界によって

着眼点が違うので、複数のエージェントで確認すると書類通過率が上がります。

あなたに合ったエージェントに出会える

転職ではあなたと転職先のマッチングが必要になります。

どんな転職を望むのか、聞き出して、くみ取ってくれるエージェントに出会いたいですよね?

転職エージェントも”人間”で、”サラリーマン”です。
あなたと気が合う人もいれば、合わない人もいます。
仕事ができる人もいれば、まだまだ新人さんもいます。

複数のエージェントと面談することで“あなたに合ったできるエージェント”と出会える可能性が上がります。

しばこー
しばこー

エージェントさんと恋バナで盛り上がったこともあるよ(笑)

気の合うエージェントから応募することが可能になります。

企業サイドは複数のリクルート企業に求人を出しています。

困ってる人
困ってる人

Aさんの紹介した求人に応募したいけど、Bさんとの方が気が合うんだよな。。。

という場合は、Bさんに応募したい求人について聞いてみましょう。

大抵の場合、Bさんの所属するリクルート企業も求人を持っていて、Bさん経由で応募可能です。

エージェントの種類を分散できる

エージェントには3つの種類があります。

  1. チューター型
  2. 両面型
  3. 特化型

それぞれに特徴があり、得意不得意があります(特長はこちら)。

複数のエージェントに登録することで、求人の漏れがなくなり転職がしやすくなります。

合わせて読みたい↓

書類選考落ちの求人に再チャレンジできる

リクルート企業Aで書類選考が通過しなかった企業に再チャレンジできることがあります。

あなたの応募書類が企業担当に届いていない場合があります。

企業とエージェントで面談した際に、あなたの職歴が合わないと判断した場合、人事担当にあなたの書類を見せないことがあるようです。

なので、別のリクルート企業Bから再度応募することが可能な場合があります。

※注意

一般的に複数のリクルート企業から同じ求人に応募するのはNGです。

A社では書類が通過しなかった旨をB社に伝えて、B社のエージェントがOKした場合にのみ再チャレンジが可能です。

どの企業でも再チャレンジできるわけではありません。

再チャレンジしたい場合は、必ずエージェントに事情を説明しましょう。

メリットを5つ紹介してきました。

逆に複数登録するデメリットは何があるのでしょうか。

複数登録3つのデメリット

複数登録するデメリットは3つあります。

・連絡が多くて正直、鬱陶しい
・情報が多すぎて混乱する
・あなた(転職者)の取り合いが発生する

順に紹介していきます。

連絡が多くて正直、鬱陶しい

複数のエージェントから連絡が頻繁にきます。

特に大手のリクルート企業からは毎日2~3通メールが届きます。

仕事が忙しくて連絡をしないと“転職活動の進捗はいかがですか?”とリマインドがきます。

当然メールが大量に届くので、メールボックスが埋め尽くされます。

しばこー
しばこー

ひとくちコラムです。

転職活動する際には、転職活動用のフリーメールを作っておきましょう。

メールアドレスは企業との連絡用になりますので、真面目なアドレスがおすすめです。

田中太郎さん→t.tanaka.job@フリーアドレス.com

のように差しさわりのないアドレスがいいと思います。

また、最初の面談とは別に電話相談も定期的に行われます

  • 進捗状況確認
  • 応募求人についての確認
  • 面接後の感想、フォロー

など、メールでは伝えきれない部分をフォローする電話です。

複数のエージェントからの連絡は面倒と感じると思います。

ただ、突然電話してくることはなく、事前に時間を調整してくれます。

昼休み時間や終業後、土日でも対応してもらえます。

しばこー
しばこー

転職を成功させるため、余裕をもって対応したいね!!

情報が多すぎて混乱する

メリットで紹介した

  • 多くの求人が見られる
  • 複数の視点からアドバイスが貰える

の弊害として情報が多すぎて混乱してしまいます。

・オススメの求人を大量に送ってきます。
・少しでも通過する書類にするため、たくさんアドバイスをくれます。
・面接であなたの魅力が伝わるように対策してくれます。

情報が多すぎて混乱して、本当に大切なものが見えなくなってしまいます。

情報が多くて迷った時は、初心に戻って考えましょう。

  • なぜ転職しようと思ったのか
  • あなたの仕事での成果は何か
  • 面接はあくまで対話、相手の質問に回答する
しばこー
しばこー

シンプルに考えることが、時には必要だね!!

あなた(転職者)の取り合いが発生する

転職エージェントは全て無料で利用できます。

あなたを入社させると転職した企業側から、報酬が発生するビジネスモデルだからです。

つまり

やらしい人
やらしい人

うちを利用して転職してほしいなぁ(小声)

と各エージェントは心のどこかで思っています。

その結果、転職者の取り合いがうまれます。

エージェントも競合は理解していますので、深入りされることはありません。

他社を下げる発言をして会社の評判を落とすわけにもいきません。

しばこー
しばこー

オススメされた求人を他社で応募している場合は素直に伝えて、必要以上の争いは回避しましょう。

デメリットも3つ紹介してきました。

それでは、複数登録する場合は何社に登録するのがいいのでしょうか。

スポンサーリンク

種類を分け3~4社登録がオススメ

転職エージェントには種類があります。

複数登録する場合は、種類を分けて3~4社登録するのがオススメです。

  1. チューター型
  2. 両面型
  3. 特化型

それぞれのに得意不得意があるので、種類別に登録しておくと全体をカバーできます。

各業態別に1つずつ登録して、合計3~4社登録しておくのがオススメです。

特長を簡単に紹介します。

1.チューター型


例:リクルートエージェントdodaエージェントサービスなど

JAC Recruitment一部改変:https://corp.jac-recruitment.jp/business/advantage/

あなたの担当と各企業の担当がいるエージェント体形です。
専門のチューターが1名ついてくれるので安心感があります。

2.両面型


例:JACリクルートメント

JAC Recruitment一部改変:https://corp.jac-recruitment.jp/business/advantage/

あなたと企業担当でやりとりするエージェント体形です。
企業と直接やりとりしている人から連絡があるので、詳しい情報を聞けます。

3.特化型


例:マイナビ薬剤師看護のお仕事キャリアカバーUZUZなど

あなたの転職したい業界に特化したエージェント体形です。
他2つの体系より業界の流れや企業について詳しいです。
「この企業よさそうだな!!」と思う企業を多く提案してもらえます。

さらに詳しい説明やオススメ登録順はこちら↓

まとめ(複数登録のメリットをうまく利用しよう)

転職エージェントの複数登録について、メリット・デメリット、3~4社への登録がオススメな理由について紹介しました。

★メリット

・多くの求人が見られる
・複数の視点からアドバイスがもらえる
・あなたに合ったエージェントに出会える
・エージェントの種類を分散できる
・書類選考落ちの求人に再チャレンジできる

★デメリット

・連絡が多くて正直、鬱陶しい
・情報が多すぎて混乱する
・あなた(転職者)の取り合いが発生する

★登録は3~4社がオススメ

・チューター型
・両面型
・特化型
に分けて3~4社登録で、それぞれの得意不得意をカバーできる。

いかがだったでしょうか。

少々連絡が面倒でも、複数登録することで転職活動は格段に楽になります。

しばこー
しばこー

あなたに合ったエージェントさんと出会って、転職がスムーズに進めていきましょう。

それではー

関連記事です↓

プロフィール
しばこー
年齢:29歳(1991年生まれ)
性別:男
ひとこと:エージェントさんたちは、いい人たちばかりです。でも仕事であることも忘れないようにしたいですね。

Twitter:https://twitter.com/lifeokmaru
Instagram: https://www.instagram.com/life.okmaru/
stand.fm:https://stand.fm/channels/5f549d566a9e5b17f7ef61c5
ゆるーく勉強や自己研鑽をして自分を高めていくのが目標ですb

記事作成日 2021.01.20

コメント

タイトルとURLをコピーしました