【経験者が語る】中小企業から憧れの大手企業に転職する方法

転職

こんにちは、しばこー(@lifeokmaru)です。

悲しい人
悲しい人

中小企業で働いているけど、

大企業に転職ってできるのかな…

小さい会社の社員なんて、

必要とされてないよね…?

こんな悩みを解決します。

記事を読んでわかること

・大企業への転職方法がわかる
・現職の会社規模は関係がないとわかる
・大企業に転職する際の注意点がわかる

しばこー
しばこー

2020年5月に転職しました。

社員200人程度の企業から、

社員1,000人を超える上場企業に転職できました。

中小企業の人は自分で考えているよりずっと優秀です。

転職エージェントを利用すると、
“憧れの大企業”への転職は可能です。

スポンサーリンク

新卒採用は学歴重視

中小企業に勤めている人が、
憧れの大企業に転職することは可能です。

求人とあなたの経験がマッチすれば、
意外にあっさり転職できます。

  • 大企業に勤める人=優秀
  • 中小企業に勤める人=普通

そんな風に思ったことはありませんか?

そんなことは決してありません。

就職活動時は大企業に学生が殺到します。

企業側は数百数千のエントリーシートを読んで、
面接に呼ぶ学生を決めます。

エントリーシートのテンプレートは
ネット上に大量に公開されていて差がつきません。

そうなれば“学歴”は絶対的な指標となります。

頭のいい大学の学生なら、
とりあえず失敗はないだろう。

いい人かどうかは面接で判断したらいい。

東大や京大に簡単に入れる人はマレです。

難関大への合格実績=素直で努力できる人間

新卒採用で大企業に入社するのは
難しくて当然です。

中小企業人材の強み

中小企業の人材ならではの強みがあります。

大企業は部署が細分化されていて、
スペシャリストが集まることで、
スピーディな大量開発を可能にしています。

一方で中小企業は人数が限られているので、
仕事の線引きがあいまいです。

そのため、中小企業では下記のような仕事(スキル)が求められます。

  • 部署を越えた仕事
  • 自分で調べながら仕事を進める
  • 仕事の全体感をつかむ

”言われた仕事をする”では
中小企業ではやっていけません。

仕事の全体感をつかめているのは
中小企業の社員の方です。

しばこー
しばこー

中小企業出身の人のが、

経験がすごく豊富だよ。

仕事では勉強と違うスキルが必要です。

  • 資料作成能力、プレゼン能力
  • 問題解決力、調整力
  • 人間関係構築力、コミュニケーション力

学校で教えてくれない、
仕事のスキルが成果につながります。

やらしい人
しばこー

学校の勉強は仕事で役に立たない。

それよりも大切なことがある!!

中小企業でひたむきに努力し、
“社会人力”を磨いてきた人は世間から求められる人材です。

あなたの市場価値を調べるサービス↓

>>市場価値診断なら、ミイダス!

簡単な質問に答えるだけで
あなたの市場価値がわかります。

転職エージェントを利用しよう

職務経歴書と面接であなたの経験をアピールできれば、
大企業への転職も可能です。

中小企業から大企業に転職する場合、
転職エージェントの利用がオススメです。

  • 非公開求人が多数ある
  • あなたにマッチする求人を紹介してくれる
  • 職務経歴書、面接対策をしてくれる

自分で転職活動をするよりスムーズに進みます。

企業HPから直接応募することも可能です。

しかし、エージェントを介することで、
企業の人事担当者にも安心感があります。

誰でも応募できる“直接応募”と異なり、
エージェントが許可しないと
“エージェント経由応募”はできないからです。

ピンポイントで「○○株式会社の求人が欲しい」とお願いすると、
求人を出してもらえます(求人があれば)。

  • 学生時代にお祈りされた
  • 企業理念に共感できる
  • 愛用している商品がある

自分が働きたい企業に、
転職エージェントを利用してチャレンジできます。

しばこー
しばこー

企業HPでは募集していないポジションが、

エージェントの紹介ではあるよ。

転職エージェントを利用して、
憧れの大企業への転職を最短ルートで進めていきましょう!!

登録・利用は全て”無料”
オススメの転職エージェント↓

>>業界最大手【リクルートエージェント】 >>業界2位・転職といえば:doda >>業界3位・ハイクラス転職なら:JACリクルートメント

大企業へ転職する際の注意点

憧れの大企業ですが、
転職する際の注意点もあります。

  1. 社内に知らない人が沢山いる
  2. テーマ進捗のスピード感が上がる
  3. 意思決定は遅くなる

中小企業との違いに戸惑うことも多いです。

1.社内に知らない人が沢山いる

人間が顔と名前を一致させられるのは、
150~200人程度が限界と言われています。

大企業はワンフロアで100人以上
働いているのが普通です。

顔と名前は覚えられないので、
みんな名札を付けて仕事をしています。

知らない人
知らない人

え?こんな人いたっけ?

人の入れ替わりも激しく、
中途社員が毎月入社してきます。

中小企業では覚えられた顔と名前が、
大企業では全く覚えられません。

相手も覚えていないので、
自分から名乗るようにしましょう。

顔を知らない相手とメールする機会が増えるので、
メールの書き方は注意しましょう。

2.テーマ進捗のスピード感が上がる

大企業の方がテーマ進捗のスピードが上がります。

仕事が細分化されているため、
担当パート以外も同時進行していきます。

中小企業:1人がA→B→Cと自分で仕事を進める
大企業:A担当、B担当、C担当が同時に仕事を進める

仕事が細分化されている分、
スピードが上がるので覚悟しておきましょう。

3.意思決定は遅くなる

テーマ進捗のスピードに対して、
上層部の意思決定は遅くなります。

1つの決定をするのに
数回の会議を行います。

中小企業は上司との距離が近いので、
いつでも相談ができました。

大企業になると上司の時間を見つけるのも一苦労です。

上司に相談できず、
前に進めない歯がゆさを感じることもあります。

まとめ(大企業に転職だ!!)

新卒採用は学歴重視

中小企業に勤めている人が、
憧れの大企業に転職することは可能です。

求人と経験がマッチすれば、
簡単に転職できます。

新卒採用は学歴重視でした。
それは応募が多すぎるからです。

中小企業人材の強み

  • 部署を越えた仕事ができる
  • 自分で調べながら仕事を進められる
  • 仕事の全体感をつかめる

転職エージェントを利用しよう

  • 非公開求人が多数ある
  • あなたにマッチする求人を紹介してくれる
  • 職務経歴書、面接対策をしてくれる

自分で探して転職活動をするより、
スムーズに進んでいきます。

大企業へ転職する際の注意点

  • 社内に知らない人が沢山いる
  • テーマ進捗のスピード感が上がる
  • 意思決定は遅くなる

私も転職活動を始めた当初は

しばこー
しばこー

少しでも大きな企業に

勤められたらいいなぁー

ぐらいの気持ちでした。
結果は上場企業に転職できました。

現職の会社規模によって
あなたの価値は決まりません。

「会社のために何ができるのか?」を
考えて行動できる人が仕事のできる人です。

積み上げてきた実績・成果をアピールして、
憧れの大企業に転職しましょう!!

オススメのサービス↓

>>市場価値診断なら、ミイダス! >>業界最大手【リクルートエージェント】 >>業界2位・転職といえば:doda >>業界3位・ハイクラス転職なら:JACリクルートメント

合わせて読みたい↓

プロフィール
しばこー
年齢:29歳(1991年生まれ)
性別:男
ひとこと:名前の通る企業に勤めると周りの見る目も変わりますよ。
Twitter:@lifeokmaru
Instagram: life.okmaru
stand.fm:しばこの人生おけまるラジオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました