【失敗しないために】転職先を選ぶ時に確認すべき5つのポイント

転職

こんにちは、しばこー(@lifeokmaru)です。

今日は

  • 転職先を選ぶときに確認すべきポイント
  • あなたが重視すべきポイントの決め方

を紹介します。

困っている人
困っている人

求人が多すぎて何を基準に選んでいいかわからない。

“私にとって”いい求人の条件ってなんだろう?

転職するときに見ておいた方がいいポイントってどこ?

という疑問を解決します。

記事を読んでわかること

〇何を基準に転職先を見ればいいかわかる
〇転職の軸(最優先事項)の決め方がわかる。
〇あなたにとって“いい転職先”の選び方がわかる

しばこー
しばこー

2020年5月に転職しました。

2019年3月から1年間も転職活動をしていたので、多くの求人を見てきました。

色々な条件を見て目移りしてしまう、あなたの気持ちがよくわかります。

転職する人が増えてきて、「転職が当たり前」の世の中になってきました。

でも、転職先の選び方は教えてくれません。

この記事では、転職先を選ぶポイントと、あなたの優先すべき事項の選び方を紹介しています。

スポンサーリンク

チェックしておくべき5つのポイント

チェックしておくべきポイントは以下の5つです。

1.年収
2.仕事内容
3.休日の数(福利厚生)
4.勤務地(通勤時間)
5.会社の雰囲気

それぞれの確認の仕方を紹介していきます。

年収

金額ではなく内訳まで確認しましょう。

「残業代込み」のようにして、給料を多く見せる企業が沢山あります。

  • 基本給
  • 賞与
  • 手当
  • 残業
  • 住宅手当

など、全体でいくらか自分で計算しましょう。

面倒なときは年収で表示すると簡単です。

提示されている金額が高くても、企業によって計算方法が様々です。

しばこー
しばこー

現在の年収と、実現したい年収を数字で把握しておきたいね。

現在の年収も基本給、賞与、残業代、手当に分けて把握しておこう。

面接で聞かれたときに”正確”に答えられて有利だよ!!

仕事内容

転職者は即戦力として採用されますので、業務内容は確認しておきましょう。

しばこー
しばこー

自分の力を発揮しやすい仕事内容であることが大切です。

求人票で内容が十分に把握できる場合は問題ありませんが、求人票には代表的な仕事しか書いてありません。

同じ仕事の内容であっても、会社によって進め方が異なります。

「営業」「研究」「開発」といった型にはまらない仕事は会社の文化があります。

求人票でわかりにくい内容は転職エージェントや、面接で積極的に確認するようにしましょう。

仕事内容に関する質問(確認)は、エージェントや企業側には“本気な姿勢”として捉えてもらえます。
失礼のない範囲で積極的に質問して、自分の力が発揮できる仕事を選びましょう。

休日の数(福利厚生)

ワークライフバランスを改善するために転職する人は、休日の数を見ておきましょう。

一般的に

100日程度:休みが少ないと思った方がいい
110日程度:休日出勤が定期的にあり、盆正月のどちらかがない
115日程度:休日出勤が定期的にある(月に1回程度)、盆正月休みが両方ある
120日程度:完全週休2日制、盆正月休みが両方ある
120日以上:完全週休2日制、盆正月が両方あり通常より長め

と言われています。

参考にしてみてください。

有給を全部消化した場合の数で書いている企業があるので注意しましょう。

勤務地(通勤時間)

勤務地と通勤時間はあなたの仕事に対する満足度に直結します。

しかし、優先順位は下げてしまいがちです。

勤務地はあなたの生活の基盤となります。

勤務地によっては田舎で周りに何もない場合もあります。

自分の求める都会度(田舎度)を理解して、勤務地を確認しておきましょう。

また、初転職の人は要注意です。

しばこー
しばこー

今の会社を基準に家を決めているので、通勤時間が短いのに慣れています。

転職して通勤時間が長くなると、思ったよりストレスがかかります。

勤務地と通勤時間は日々のことですので、ボディーブローのようにじわじわ効いてきます。

転職したばかりのときは「転職ハイ」になっていて気になりませんが、だんだん嫌になってきます。

悩んでいる人
悩んでいる人

最初は気にならなかったけど、やっぱり会社遠いな。。。

と後悔しないために最初からチェックしておきましょう。

会社の雰囲気

求人票ではつかみにくいポイントです。

仕事はひとりではできないので、会社の雰囲気が合っていないと100%の仕事ができません。

・面接官の雰囲気から感じ取る
・一緒に働く人と面談する機会をもらう

といった方法で確認することができます。

最近はリモートでの面接が増えておりますので、雰囲気を感じるのが難しくなっています。

しばこー
しばこー

一方で、リモートだと複数の場所から参加できるので、現場の人がでてくれることもあるかも!!

転職先の雰囲気が合わないと、せっかくの転職が台無しになってしまいます。

こちらからの要望として提示してみましょう。

転職の軸(最優先事項)を明確にする

チェックするポイントが分かったところで、あなたの転職の軸(最優先事項)を決めましょう。

しばこー
しばこー

「何が達成出来たら成功とするのか」を決めて、求人を見る時の参考にしよう!!

先ほどチェックした中から、自分の転職の軸を選びましょう。

一般的には以下の3つを基準にする人が多いです。

・年収
・仕事内容
・休日の数(福利厚生)

内容をもう少し深掘りしていきます。

年収

“年収アップ”を目指して転職する人も多いのではないでしょうか?

同じ仕事量でも会社が変わるだけで年収が上がることはあります。

また、あなたの実績が認められると大きく年収が上がる可能性もあります。

しばこー
年収が軸の人

年収を上げたい!!

キャリアアップしたい!!

そう感じているあなたは、恐れることなく年収を軸に転職しましょう。

転職先は“前職の年収”を参考に「うちではこれくらい出しますよ」という交渉になります。

なので、年収を上げておくと“次の転職”でも活きてきます。

逆に年収を下げた転職を繰り返すと、悪いスパイラルに入ってしまいます。

お金がすべてではありませんが、豊かに生きていくにはお金が必要です。

自分の目指す年収、最低の年収を意識してエージェント、転職先に交渉していきましょう。

仕事内容

“やりがいのある仕事をしたい”と考えて転職する人も多いです。

例えば「B to Bの仕事から、B to Cの仕事をしたい」というものです。

自分の開発した商品が店頭に並ぶことで、喜びを感じたいというパターンです。

○自分のやりたいことが明確な人
○得意なことが分かった人
○好きなことを仕事にしたい人

は仕事の内容を軸に転職活動してみましょう。

仕事は人生の多くの時間を使うことになります。

「嫌々仕事をしている人」と「進んで仕事をしている人」とでは、将来的に差が開いていきます。

やりたいことを続けてスキルを身に着けていくと“次の転職”に活きてきます。

やらしい人
プロを目指す人

俺にしかできない仕事があれば、誰もが俺に頼ってくるようになるな!!

だって俺がいなければ仕事が進まないのだから!!

仕事内容を軸にする場合は、面接で業務内容を聞くようにしましょう。

求人票には表面的な仕事しか書かれていません。
また、転職エージェントは転職先の社員ではありませんので、詳しくはありません。

残念ながら面接でいかに聞き取りできるかで、入社後のギャップを減らすしかないのです。

しばこー
しばこー

でも大丈夫!!

面接では必ずあなたから企業への質問タイムがあるから、確認できるよ!!

面接官が人事だけの場合は後日メール等で連絡してくれる場合もあります。

事前にリストをつくって質問しましょう。

面接の流れ、質問タイムに関してはこちら↓

休日の数(福利厚生)

“プライベートを充実させたい”と考えて転職する人もいます。

このような人は「福利厚生を売りにしているかどうか」をチェックしましょう。

面接で残業や有休消化について質問するとマイナスのイメージで捉えられます。

基本的には避けたい質問です。

困っている人
面接官

働く前から休みの話?

忙しい時期はそりゃあ残業だって当然あるし。。。

楽して働く会社探してるのかな?

と、捉えられてしまう場合もあるようです。

しかし、プライベートを充実させるために転職する場合は、1番の優先事項です。

求人の中には

・残業時間月に10時間以下!!
・休日120日以上!!
・有給消化率80%以上!!

のような、福利厚生を売りにして長く働いてもらうことを前提の企業があります。

福利厚生を軸にする場合は、「プライベートも充実させることが目当てです」と面接で話せる企業にしましょう。

スポンサーリンク

転職の軸(最優先事項)の決め方

転職の軸を選ぶためにすべきことはたった1つです。

しばこー
しばこー

自分の働いてきた歴史を見直しましょう。

これだけです。

簡単にできるのは

あなたの仕事を通じて、楽しかったこと辛かったことを誰かに語ってください。

しばこー
しばこー

恥ずかしい気持ちもわかります。

ですが、自分の本当の気持ちに気が付くことができます。

騙されたと思って、一度チャレンジしてみてください。

・お給料で買った自転車が嬉しかった→年収を上げる
・事務作業は嫌いだったけど、出張は楽しかった→営業マンになる
・サービス残業と休日出勤がいやだった→福利厚生の整った企業に移る

自分に偽りなく、飾らないで話してみてください。

恥ずかしい人や相手がいない人は文字で書いてみてください。

転職の軸はひとりひとり違います。

広告に踊らされて

・ハイクラス転職
・休日〇日以上、残業なし
・テレワーク可、どこでも稼げる

を信じると、自分に合っていない転職先に行きついてしまいます。

働くのはあなたです。

あなたに合った転職の軸を見つけるために、自分の仕事歴史を振り返りましょう。

しばこー
しばこー

仕事歴史を振り返っておくと、履歴書と職務経歴書も簡単に書けるよ!!

履歴書と職務経歴書は、あなたの仕事歴史を転職先にアピールする書類です。

詳しい書き方はこちら↓

いい転職先(求人)に出会うための注意点

最後に、いい求人を選ぶための注意点も3つ紹介します。

1.転職することが目的ではない
2.転職活動中は盲目になっている
3.転職してから気が付くマイナスを防ぐ

順に紹介していきます。

転職することが目的ではない

転職活動を始めると「転職することが目的」になることがあります。

また、転職活動が長引くと、仕事との両立が難しい時期があり辛いものです。

転職はあなたの「人生をより豊かにする目的」であって「転職が目的」ではありません。

エージェントサービスを利用している人は、エージェントが早く決めさせようとしてきますが、焦らずに考えることです。

急ごうとさせるのは、エージェントサービスはあなたを転職させると、転職先から報酬が入るビジネスモデルだからです。

早くに転職させようとするエージェントがいれば、別のエージェントサービスに切り替えるのも検討しましょう。

働きながらの転職活動が辛い時はこちらも↓

転職活動中は盲目になっている

転職活動中はかなり視野が狭くなっています。

・高い年収の求人を見つけては喜び
・必須条件、歓迎条件を見ては悩み
・他の条件はいいのに、ここが納得できないと落ち込みます

「本当に自分に合った仕事」「最高な職場」があると勘違いして、真実が見えにくくなるのです。

さらに、書類選考の合否、面接の合否があり、あなたを惑わせてきます。

転職の軸として

・年収
・仕事内容
・休日の数(福利厚生)

を紹介しましたが、転職の軸として1つ決めるのは大事ですが、他をおろそかにしないようにしてください

悩んでいる人
しばこー

ネットで少し調べると、転職で失敗している人もいるね。。。

総合的に見て「ここなら続けられそうだな」「自分にプラスになりそうだな」と思えたところを選んでいきましょう。

転職してから気が付くマイナスを防ぐ

転職者はある意味でかわいそうです。

前職と比較できてしまうからです。

その結果、求人に見えていないところで後悔する可能性があります。

そうならないために、求人で見えている部分については徹底的に検討しましょう

しばこー
しばこー

私も転職してみて“前職のよかったところ”がたくさん見えてしまいました。

  • 家から近かったこと
  • 社内の仲がよかったこと
  • 笑顔で仕事をしている人が多かったこと

転職前には当たり前だったことが、実は当たり前でなかったことに気が付きます。

どんなにいい条件の求人であっても、前職と比較して悪くなる部分はでてきます。

見えない部分で後悔する可能性があるので、見えている“求人の条件”については、必ず納得できる求人を選び抜きましょう。

しばこー
しばこー

「成果をもぎとる!!」と「ミスを防ぐ」の両方の考え方が必要だね!!

スポンサーリンク

まとめ(いい職場に出会える確率を上げよう)

転職先を選ぶポイントを5つ紹介してきました。

★選ぶポイント5選

1.年収
2.仕事内容
3.休日の数(福利厚生)
4.勤務地
5.会社の雰囲気

★転職の軸を決める

・年収
・仕事内容
・休日の数(福利厚生)

選ぶポイントの優先順位を明らかにして、

  • 譲れないポイント
  • 妥協できるポイント

を選びましょう。

妥協できるポイントはどこまで妥協できるのかも確認しましょう。

★転職の軸の決め方

あなたの仕事を通じて、楽しかったこと辛かったことを誰かに語る

転職エージェントを利用すると、求人まで見つけてもらえるので一石二鳥です。

★いい求人を選ぶための注意点

・転職することが目的ではない
・転職活動中は盲目になっている
・転職してから気が付くマイナスを防ぐ

いかがだったでしょうか。

転職先を選ぶポイントから、ポイントの選び方、注意点を紹介してきました。

初めての転職は流れに身を任せることになりがちです。

いい企業に当たれば大丈夫ですが、失敗すると再転職しないといけなくなります。
せっかく転職したのに、前のがよかった。。。

そうならないために、転職先を選ぶポイントとあなたの軸を大切にしてください。

しばこー
しばこー

転職エージェントを使うと、あなたに合った条件の企業を見つけてくれます。

あなたとの対話を通じて、転職の軸を明らかにして、ピッタリの求人を紹介してくれます。

初めての転職でも安心して企業を選ぶことができます。

転職エージェントの利用は”全て無料”です。

(あなたが入社した会社から報酬が入るビジネスモデルになっています。)

転職エージェントについてはこちら↓

転職に慣れている人なんていません。

誰もが都合のいい言葉に踊らされてしまいます。

転職エージェントを使って、冷静に転職先を探してみてはいかがでしょうか?

それではー

関連記事

プロフィール
しばこー
年齢:29歳(1991年生まれ)
性別:男
ひとこと:転職先選びってすごく大変なんですよね。。。タイミングとかご縁みたいなのが最後は絡んできますからね。。。

Twitter:https://twitter.com/lifeokmaru
Instagram: https://www.instagram.com/life.okmaru/
stand.fm:https://stand.fm/channels/5f549d566a9e5b17f7ef61c5
ゆるーく勉強や自己研鑽をして自分を高めていくのが目標ですb

記事作成日 2021.01.10
記事更新日 2021.01.20

コメント

タイトルとURLをコピーしました