【経験者が語る】転職エージェントオススメ登録順【3ステップ解説】

転職

こんにちは、しばこー(@lifeokmaru)です。

悲しい人
悲しい人

・転職エージェントは

 どれに登録したらいいの?

・比較サイトを見たけど、

 全て同じに見えちゃった…

・既に登録しているけど、

 追加で登録するならオススメは?

こんな悩みを解決します。

記事を読んでわかること

・登録すべき転職エージェントを3社(4社)選べる。
・網羅的に紹介するのではなく、数社に絞って紹介。
・すでに利用している人は、追加で登録したいエージェントがわかる。

しばこー
しばこー

2020年5月に転職しました。

1年間の転職活動を通じてわかった

“適切なエージェントの登録順”を紹介します。

結論:転職エージェントは3社(4社)登録するのがおすすめです。

転職エージェントには3種類の体系があります。

それぞれの特徴を活かしてエージェントを利用することで、
あなたに合った転職先が見つかりやすくなります。

以下の順がおすすめです。

  1. チューター型(リクルート、dodaなど)
  2. 両面型(JACリクルートメントなど)
  3. 特化型(多数あり)

1.チューター型

あなたの担当と各企業の担当がいるエージェント体形です。
あなた専門のチューターが1名ついてくれます。

連絡はひとりからしかきません。

2.両面型

あなたと企業担当でやりとりするエージェント体形です。
企業の担当から連絡があるので詳しい情報を聞けます。

連絡は複数人からあります。
(企業ごとに担当が違うため。)

3.特化型

業界に特化したエージェント体形です。
業界の流れや企業について詳しいです。

「転職してみたい!!」と思う
企業を多く提案してもらえます。

  1. チューター型:エージェントとの面談に慣れる
  2. 両面型:転職先に対する知識が深まる、ハイクラス求人を確認できる
  3. 特化型:上記2つでは見えない特化した求人が確認できる

この順番で登録すると転職エージェントをうまく利用できます。

具体的なエージェントとメリットデメリットを紹介します。

スポンサーリンク

チューター型:リクルート、dodaに登録

リクルートとdoda

1社目は大手でチューター型の

どちらかに登録しましょう。

メリット

  • 多くの求人がある
    ※リクルート:10万件、doda:10万件
  • 初転職の人の対応に慣れている
  • オフィスが各都市にあり面談がラク

初心者が安心して利用できる転職エージェントです。

デメリット

  • 求人が多すぎて選びにくい
  • メールが大量に届く
  • 担当エージェントによって力量が異なる

大手ならではのデメリットがあります。

対策

  • 求人が多すぎる
  • メールが大量に届くようになる

→エージェントの人と話し合って、
 自分に合った求人を探しましょう。

  • 担当エージェントによって力量が異なる

エージェントの対応や人柄で考えます。

あなたと合うと思えばOKです。

「この人不安だな…」と思ったら、
もう一方のエージェントにも登録しましょう。

初転職の人はエージェント面談の経験を
増やすため両方登録してもOKです。

しばこー
しばこー

私も両方のエージェントと面談しました。

求人案件も少し違うので勉強になります。

両面型エージェント説明図
JAC Recruitment一部改変:https://corp.jac-recruitment.jp/business/advantage/

あなたと企業の間に2名のエージェントが入ります。

同じ人から連絡があるので安心感があります。

各企業についてチューターは詳しくないので、
企業担当から聞いた内容をチューターが説明します。

求人数が多く安心感のある
大手エージェントを1番目に登録しましょう。

全て無料で利用できます。

>>リクルートエージェント公式HPはこちら

>>dodaエージェントサービス公式HPはこちら

両面型:JACリクルートメントに登録

JACリクルートメント

2社目は転職エージェント業界3位の
JACリクルートメントに登録しましょう。

メリット

  • ハイクラス案件が多い
  • 外資系に強い
  • エージェントのレベルが高い

年収を上げられる可能性が高いエージェントです。

デメリット

  • 紹介案件がやや少ない
  • 複数のエージェントとやりとりが発生する
  • 毎回おなじ話をしないといけない
    (転職理由、条件、現在の状況など)

各企業担当がいるので、
複数のエージェントとのやりとりが発生します。

対策

  • 紹介案件がやや少ない

あなたに合った求人が紹介されるので少なくなります。

たくさん求人を見たい場合は
リクルートかdodaで確認しましょう。

  • 担当がつかない
  • 毎回おなじ話をしないといけない

複数のエージェントとの連絡はやや面倒です。

同じ話をすることで、
あなた自身の考えも整理されます。

面接の練習と思って、
エージェントに丁寧に伝えましょう。

両面型はチューター型と業務体形が異なります。

両面型エージェント説明図
JAC Recruitment一部改変:https://corp.jac-recruitment.jp/business/advantage/

両面型はあなたと企業の間に
1名のエージェントがはいります。

エージェントと企業が直接やりとりしているので、
求人に対して非常に詳しいです。

企業と頻繁にやりとりしているために、
内部事情も知っています。

しばこー
しばこー

企業の人事担当と関係性ができています。

不安に思うことを質問してくれます。

年収の交渉もお願いしやすいです。

両面型のJACリクルートメントを2番目に登録しましょう。

JACも無料で利用できます。

>>JACリクルートメント公式HPはこちら

関連記事

特化型エージェントに登録

3社目は特化型エージェントに登録しましょう。

業界に特化したエージェントです。

メリット

  • 転職したい業界に強い
  • 案件を絞って提案してくれる
  • 面接対策が充実している

転職してみたい!!と思う企業を紹介してくれます。

デメリット

  • 幅広い求人は紹介されない
  • チャレンジはさせてもらいづらい
  • 通過しやすい求人が案内される

特化しているからこそのデメリットです。

対策

  • 求人が絞られて少ない
  • チャレンジしにくい

リクルート、dodaやJACで十分にカバー可能です。

特化しているので他業界については提案がありません。

転職先の業界が決まっていない人は、
必ず他のエージェントにも登録しましょう。

しばこー
しばこー

元々業界で働いていた人が、
エージェントをしている場合があります。

そのため業界内の詳しい情報が手に入ります。

特化エージェントは「企業」「ポジション」を
絞った求人を提案してくれます。

チューター型や両面型では見なかった求人を
紹介してもらえます。

おいしい案件も多いので、
特化型エージェントにも必ず登録しておきましょう。

web・ITマイナビIT AGENTレバテックキャリア
ゲームシリコンスタジオエージェントマイナビクリエイター
医師マイナビDOCTOR
看護師看護のお仕事マイナビ看護師
薬剤師マイナビ薬剤師リクナビ薬剤師
保育士マイナビ保育士
介護関係マイナビ介護職
会計士マイナビ会計士
税理士マイナビ税理士
20代・若手マイナビジョブ20’sUZUZ(理系専門)
ハイクラスCAREERCARVER(キャリアカーバー)
しばこー
しばこー

ビズリーチもオススメです。

登録は無料ですが、
ビズリーチは他のサービスと少し異なります。

中小特化エージェントと橋渡しをしてくれます。

登録と求人閲覧などは無料ですが、
一部有料になるので注意が必要です。
(企業名の閲覧、エージェント検索など)

無料期間があり期間中にエージェントと
連絡が取れれば実質無料です。

無料期間は使い放題なので、
期間中に何名か連絡できるエージェントを見つけましょう。

>>ビズリーチ公式HPはこちら

まとめ(うまくエージェント利用しよう!!)

転職エージェントの登録順を紹介してきました。

  1. チューター型(リクルート、doda)
  2. 両面型(JAC)
  3. 特化型(それぞれ)

の順で登録しましょう。

  • エージェントとの面談に慣れる
  • 求人の漏れを防ぐことができる

といったメリットがあります。

エージェントの特長を理解して、
あなたに合った転職活動をしていきましょう!!

それではー

関連記事です↓

プロフィール
しばこー
年齢:30歳(1991年生まれ)
性別:男
ひとこと:転職が当たり前の時代。転職していい企業に巡り合いたいですね。
Twitter:@lifeokmaru
Instagram: life.okmaru
stand.fm:しばこの人生おけまるラジオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました