初めての転職は何から始める?今すぐできる5つの準備!!

転職

こんにちは、しばこー(@lifeokmaru)です。

今日は「初めての転職は何から始めたらいいのか」について紹介していきます。

困ってる人
困ってる人

初めての転職で何から始めていいかわからない。。。

進め方を知りたい、準備できることがあればしたい。。。

という疑問に答えていきます。

記事を読んでわかること

〇転職で何から始めたらいいのか(転職エージェントの利用)
〇エージェントとの面談までに何を準備しておくべきか
〇その先(応募、企業面接)までにしておくことがわかる

しばこー
しばこー

私は2020年5月に転職しました。

転職活動は2019年の3月からスタートしていて、1年近く続けてたことで、多くの学びがありました。

転職サイトに登録してみたが、結局何をしていいの分からない人も多いはず。

私も最初は全然わかりませんでした。

自分の経験や反省をもとに丁寧に紹介していくので、最後まで見ていってください。

スポンサーリンク

転職エージェントを利用しよう

転職サイトに登録しただけでは、なかなか転職イメージがわきません。

自分に合った転職先や募集中の企業情報をいち早くキャッチするために、転職エージェントへの登録をおすすめします。

エージェント利用にあたって以下の5つの準備をしましょう。

1.転職エージェントとの面談日を調整
2.家族との相談
3.”現在の仕事”と”未来の仕事”についてまとめておく
4.転職エージェントと面談して求人を確認する
5.勉強、資格取得など(アピールポイントを作る)

順に解説していきます。

すでに転職活動を始めている人は、自分の状況にあったところからスタートしてみてください。

転職エージェントとの面談日を調整

転職サイトに登録して眺めるだけでは、なかなか先に進みません。

初めての転職は”転職エージェント”を利用するのがオススメです。

なぜなら、エージェントの人と会うと

1.転職の流れを教えてくれる
2.現職の経験を整理してくれる
3.おすすめの転職先を紹介してくれる

のように、方向性を示してくれますので、転職活動がスムーズに進みます。

面談すると

〇おすすめの求人情報
〇履歴書のテンプレート
〇職務経歴書のテンプレート

が貰えるので、まずは情報収集のためにエージェントの人と会ってみましょう。

説明を聞く中で、転職の不安や疑問を確認できるます。

家で求人を眺めて”モヤモヤ”するだけなら、転職エージェントとの面談日程を決めましょう。

しばこー
しばこー

面談は土日でも可能です。

私は平日は仕事なので、土日に日程調整してもらいました。

土日の面談を対応している転職エージェントが多いようです。

〇スキルの専門性が高く、転職先が絞られる場合
〇目指す職業が明確で他を考えてない場合
は転職エージェントを利用する必要はありません。

転職エージェントに登録すると

〇アンケート
〇履歴書
〇職務経歴書

の依頼がくる場合があります。

履歴書や職務経歴書は、面談で相談もできますので、とりあえず書いてみましょう。

アンケートの内容はエージェントによって様々ですが一例を紹介します。

○転職理由
○希望の業界、職種
○希望の勤務地
○現在の年収(月給、残業、賞与、手当など)
○希望の年収

現在の年収は内訳を把握しておくと、今後の転職活動で便利です(企業の面接でも聞かれます)。

しばこー
しばこー

最初から完璧に答えられなくても大丈夫!!

面談当日に相談しながら、もっと詳細を詰めていこう。

エージェントが当日紹介する求人を選ぶ参考にする程度ですので、わかる範囲で回答しましょう。

大まかに答えておいて、細かくは面談でエージェントさんと相談しながらで大丈夫です。

家族との相談

家族には事前に一言伝えておきましょう。

パートナーや子どもがいる人はもちろん、両親にも伝えておくのがいいと思います。

悩んでいる人
しばこー

日本ではまだ転職に対していいイメージがありませんので。。。

日本では転職するのが当たり前の風潮がまた弱いので、反対される可能性があります。

事後報告になって揉めるのはお互いのためになりません。

転職するメリットを説明して、理解してもらうように努めましょう。

エージェントと会うだけで転職が決まるわけではありません。

日程が決まったことを端的に事前に伝えておきましょう。

”現在の仕事”と”未来の仕事”についてまとめておく

エージェントに会う前に”現在の仕事”と”未来の仕事”についてまとめておきましょう。

現在の仕事について

自分の経験を振り返って、以下の3点をまとめておきましょう。

〇自分強み
〇仕事の成果
〇仕事でぶつかった困難と対策

強みと成果は転職の際のアピールポイントになります。

売り上げや、上市した製品数など、数字で見せられると伝わりやすく魅力的です。

加えて、困難の乗り越え方は次の会社で働くときのイメージのために必要です。

  • 何を失敗して、どう乗り越えたのか。
  • 事前の課題は何で、どう対策して、結果どうなったのか
  • 失敗や問題を解決して何を得たのか

働いていると常に数字になることばかりではありません。

数字にならない「あなたの働き方のスタイル」は失敗談を通じて面接官に伝わります。

職務経歴書に記載すると、面接で好印象になりますので、思い出して準備しておきましょう。

未来の仕事について

転職理由と合わせて、今後の仕事についてまとめておきましょう。

〇年収(最低年収と目標年収)
〇勤務地(転勤の可不可)
〇業界、職種
〇福利厚生
〇条件の優先順位

大まかに想像できている人も多いと思います。

しかし、あなたからの情報が不十分だといい求人がエージェントさんから出てきません。

具体的に準備しておきましょう。

特に注意したいのは年収です。

現職の年収を

  • 月給(手取りではなく額面)
  • 残業(平均月〇時間のため)
  • 賞与(年○回、1回に〇万円)
  • 手当(住宅手当など)

を細かく把握したうえで、次の職場での最低年収を提示しましょう。

知らない人
しばこー

え?年収は何となくわかるけど、内訳まで把握してなかった。。。

となったのをよく覚えています。

現在と未来の両方の仕事について準備してからエージェントに会いましょう。

転職と聞くと、今後のイメージばかり膨らませてエージェントに会ってしまいます。

しかし、書類選考と面接があり、突破しなければ転職できません。

エージェントと話す中で思い出すことや、自分では当たり前の経験やスキルが、意外に求められていることもあるので、謙遜せずに思い出したものは全部まとめておきましょう。

しばこー
しばこー

私は広く浅く経験していて、専門性が低いのが悩みでした。

しかし、様々な経験をしていることがアピールポイントとなりました。

自分の経験が転職先で武器として使えるかは、エージェントと話しながら考えても大丈夫です。

また、受ける企業によってどの武器を使うのかは選べばいいので、アピールポイントたくさん用意しましょう。

転職エージェントと面談して求人を確認する

当日は面談時間に私服で面談場所に向かいましょう。

私は3社ほど面談をしましたが、「私服でお越しいただいて構いません」との回答でした。
(念のため事前に確認のメールはしていました。)

面談の流れはどのエージェントも一緒です。

  1. 転職の流れの説明
  2. 転職理由、現在の状況確認(年収、職種など)
  3. 用意していた求人を見る

求人は事前のアンケートと、面談の中でオススメしたいと感じた求人を出してくれます。

エージェントは優しい方ばかりですし、転職のプロです。

対面による面談はこちらからお願いしない限りは初回のみなので、悩みはどんどん相談して転職に対するイメージを膨らませておきましょう。

求人は1回目の面談の時が一番多く出てきます。

募集中の求人を複数ピックアップしてくれるからです。

今後は求人がでる度に少しずつになるので、多くを比較できる機会としては大切にしましょう。

一方で、エージェントさんは転職させることで報酬を得る業務形態ですので、

やらしい人
やらしい
エージェント

先に別の人に決まったら、この求人終わりですよ?

さっそく応募してみませんか?

と積極的におすすめしてきます。

面談の段階で「行きたい‼」と思える企業がない場合は、お断りするのも忘れないでおきましょう。

勉強、資格取得など(アピールポイントを作る)

面談が終わって、転職活動をすると決めたら、転職の勉強を始めましょう。

TOEICスコアや資格を書くことができれば、アピールポイントになります。

(書かないほうがいい場合もありますので、エージェントさんを相談してもいいと思います。)

しばこー
しばこー

私はTOEICと簿記3級を書いていました。TOEICは560点と普通の点数でしたが、「TOEICを受ける姿勢」をアピールできました。

海外との取引が多い会社で560点を出したら笑われた経験もあるので、書けばいいわけではなさそうです。

転職に関する本を2~3冊読んでおくといいでしょう。

読みすぎると情報過多になるので2~3冊で十分です。

また、転職のスペシャリスト、転職の成功者が書いた本は、転職初心者には“合わない”ことも多いので、あくまで参考にする程度にしておきましょう。

転職に関する本はたくさん出版されていますので、書店に足を運んでみてください。

しばこー
しばこー

転職本が多すぎて選べない方は、私の読んだ本の中でオススメを紹介しますので、参考までに。

○転職と副業の掛け算

転職で1番有名な本です。

転職を繰り返して「年収240万円の地方のホームセンター社員→広告ベンチャーで年収1,000万円」まで上り詰めたmotoさんの書籍です。

転職のノウハウ本ではなく、転職後の働き方や、仕事をして成果を出す方法も書かれています。

どんどん年収を上げていく転職サクセスストーリーに希望を感じること間違いなしです。

○転職の思考法

今の仕事を続けていいのかな?と思ったら読む本です。

どこにでもいるありふれたサラリーマンの”青野”が転職コンサルタント”黒岩”の助言を受けながら成長していく物語です。

  • 転職前のもやもやとした気持ち。
  • 転職中のドキドキとした気持ち。
  • 安易に転職先を選んでしまいそうになる気持ち。
  • 退職直前に引き留められて困る気持ち。

など、あなたの転職活動にきっと感じる感情と、その対応策が書かれています。

○科学的な適職

世界中のデータから、自分に合った職業を選ぶ方法を紹介している本です。

年収の高い仕事に就こう。楽しいことを仕事にしよう。
という、世間で言われている職業選びが間違っていることを証明しています。

大抵の人が、求人情報を見ると“隣の芝が青く見えて”しまって、正しい判断ができなくなります。

転職先の判断や、求人を見るときに陥りがちな”誤った目線”を正してくれる本です。

しばこー
しばこー

私は転職後にこの本を読みました。

転職活動中に読んでおけば、違った目線も持てたと本気で後悔しました。

転職の本は数多く出版されていますが、「ノウハウ本ではなく、仕事そのものを考えさせる本」を選ぶことをオススメします。

ノウハウは、ネットで検索可能ですし、エージェントさんに相談可能です。

転職したらゴールではなく、転職先で活躍することがゴールです。

今の職場環境、待遇が嫌で転職を考えている人も多いと思いますが、転職だけに目を向けずに、今の仕事にも真摯に向き合ってほしいと思います。

今の仕事で成果を出すことが、次の会社へのアピールになりますし、年収upにつながることを忘れないでください。

まとめ(エージェントに会うだけではダメ!!)

1.転職エージェントとの面談日を調整

家で求人を眺めるだけではイメージがわきません。
転職エージェントと会うことで転職活動がスタートします。

2.家族との相談

転職はあなただけの問題ではありません。
パートナーや両親にも話しておきましょう。

3.”現在の仕事”と”未来の仕事”についてまとめておく

転職エージェントと会う機会は多くありません。
面談時間を最大限活用するために、準備をしておきましょう。

4.転職エージェントと面談して求人を確認する

転職に対する不安や疑問は解決しておきましょう。
自分のことを詳しく話して、いい求人を出してもらえるようにしましょう。

5.勉強、資格取得など(アピールポイントを作る)

アピールできそうな資格があればチャレンジしてみましょう。
TOEICスコアは誰の目にもわかりやすいのでおすすめです。
転職本を2~3冊読んでおくと、成功者の転職法を知ることができます。

いかがだったでしょうか。

転職活動を始めたいけど、とりあえずサイトにだけ登録している人は、転職エージェントとの面談日程調整から始めましょう。

しばこー
しばこー

私はエージェントとの日程調整までは順調でした。

しかし、面談を通じて自分の準備不足を痛感しました。

紹介された求人を見てみると、世間で言われているほど転職は甘い世界ではありません。

  • それほど年収が上がらない
  • 募集条件が厳しい

という場面に遭遇することは少なくありません。

そんな場合でも、事前の準備を十分に行うことで、エージェントからいい求人を引き出せます。

転職エージェントは複数登録して面談しても問題ありません。複数のエージェントさんから同じ会社を提示される場合もありますし、1社だけが提示してくれる場合もあります。

とりあえず以下の3社に登録しておくと安心です。

リクルートエージェント


言わずと知れたリクルートのエージェントサイトです。

>>無料でリクルートに相談してみる。

dodaエージェントサービス


”転職と言えばdoda”のエージェントサービスです。

>>無料でdodaに相談してみる。

JACリクルートメント


業界3位のJACリクルートメント。

知らない人も多いと思いますが、ハイクラスの案件も多く交渉もしてくれるのでオススメです。

>>無料でJACに相談してみる。

あなたが自分に合った転職先に出会えることを祈っています。

それではー

プロフィール
しばこー
年齢:29歳(1991年生まれ)
性別:男
ひとこと:転職の記事を書いておくと、色々整理できていいなぁ

Twitter:https://twitter.com/lifeokmaru
Instagram: https://www.instagram.com/life.okmaru/
stand.fm:https://stand.fm/channels/5f549d566a9e5b17f7ef61c5
ゆるーく勉強や自己研鑽をして自分を高めていくのが目標ですb

記事作成日 2020.10.29

コメント

タイトルとURLをコピーしました