【超簡単!!】転職面接の「質問はありますか?」で使える5つの質問

転職

こんにちは、しばこー(@lifeokmaru)です。

転職面接の最後にほとんどの企業が「逆質問タイム」を設けています。

転職者(あなた)から面接官への質問タイムです。

今日は、私が転職面接の「逆質問タイム」で実際に使った質問を公開していきます。

困ってる人
困ってる人

転職活動中だけど、面接で最後に聞かれる「何か質問はありますか?」に対して何を聞いていいか分からない。。。

他の人がどんなことを聞いているか知りたいな。。。

こんな人のための記事です。

記事を読んでわかること

〇転職者が実際に使っていた生の質問が知れる
〇覚えやすく、そのまま使える質問を知れる
〇やってはいけない質問を知れる

転職エージェントを使っていると、こんな風に言われませんか?

「実際に働いてるイメージを持っていることをアピールする場です。3つ程度考えてから面接に臨みましょう。」

そんなこと言われても、その会社で働いてないからわからないって。。。と私は思っていました。

考えてから面接に臨んでも、面接の途中で解決してしまって、最後には聞くことがない。。。ということもありました。

しばこー
しばこー

2020年5月に転職しました。

2019年3月から1年近く転職活動をして、多くの企業で面接を受けてきました。

全ての企業で逆質問タイムがあり、苦労しながら転職に成功しました。

多くの面接を受ける中で、「質問タイム」の反応が良かった5つの質問がこちらです。

1.あなたと上司の方の関係性はどうですか?
2.配属予定部署の成績はいかがですか?
3.どんな格好で仕事されていますか?
4.みなさん何で通勤されていますか?
5.お昼ご飯はどこで食べていますか?

質問の意図と、実際の回答を紹介していきます。

あなたの転職面接でも、ぜひ使ってみてください。

転職面接の流れについてはこちらも↓

スポンサーリンク

逆質問タイムの大前提

絶対に何か質問してください。

知らない人
ダメな人

特にありません。ありがとうございました。

これだけは絶対にやめてください。

最後の質問タイムは、最後のアピールタイムであり、あなたの会社に対する興味を見られています。

「(会社に興味が)特にありません。」と受け取られかねないのです。

また、新卒採用と違い面接は大企業でも2回程度しかありません。

一緒に働く人について知る機会として有効活用したい時間です。

〇質問をいくつか決めておくこと。
〇事前に決めていた質問が解決しいても、何か絞り出して質問すること。

この2つを必ず守ってください。

しばこー
しばこー

それでは私が実際に使ったことがある質問を紹介します。

覚えて使ってみてくださいね!!

「あなたと上司の方の関係性はどうですか?」

もう少し具体的に書くと、以下のイメージで質問しています。

  • ホウレンソウの徹底度
  • 指示系統はどうなっているのか
  • 仲がいいかどうか

面接官はあなた上司になる場合が多いです。

その上司が、さらに上の上司と仲がいいのかどうかは働きやすさに直結します。

面接官本人のことを話してもらうので、聞き手にまわることもできて、好印象な質問になったと思います。

実際に、面接でこの質問をしました。

面接官が自ら多くのことを語ってくれました。

回答を聞いて私のイメージも膨らみましたし、面接官も満足そうでした。

スポンサーリンク

「配属予定部署の成績はいかがですか?」

ずばり聞いてみたところ、いい反応がありました。

相手の会社のこと、自分の部署のことを聞くことで好印象だったと思います。

先ほどの「上司との関係について」の質問と同じく、面接官が自分の部署について語ることになります。

聞き手になることができる質問だったと思います。

事前に調べてから質問するとより効果的です。

「ホームページには○○と書いてありましたが、今後はどうなっていくと予想していますか?のような感じです。

実際にこの質問をしたとき、面接官は真摯に対応してくれました。

現在の営業成績を教えてくれました。

「正直、会社の中で売り上げは少ない部署です。今後伸ばしていくために募集をしているところです。」

成績が悪いことも隠さずに教えてくれました。

上司の人柄も垣間見える質問で、私の働くイメージが膨らむのを感じました。

「どんな格好で仕事されていますか?」

「働いている姿をイメージしてますよ」の質問です。

私の場合、理系職なので「作業着」「白衣」など選択肢が多いので、聞いておきたい質問でした。

オフィス仕事でスーツであることが想像できる人は使いづらい質問です。

しかし、制服があるような事務仕事や常時ノーネクタイの会社もあります。

「通勤時はどのような格好ですか?」

のように、「服装を聞く」という着眼点で応用すると、質問の幅が広がるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

「みなさん何で通勤されていますか?」

駅から職場が離れているところの面接で使いました。

内心では『どうせ、バスで来てるか、シャトルバスでもあるだろう。。。』と思って質問したところ

「人によって変わります。自家用車がいい人は申請して自家用車にできます。」

という回答をもらいました。

自分の予想しない回答があるので、聞いてみる価値があると感じました。

転職の面接では、新卒採用の説明会と異なり、営業拠点について説明されないことが多いです。

また、社会人として働いたことがあるからこそ、「通勤時間や居住環境の大切さ」を理解しているはずです。

健康的に働く上で大切な”通勤”について質問することで、社会人として働くイメージができていることをアピールできるのではないでしょうか?

「お昼ご飯はどこで食べていますか?」

困ったときは、お昼ご飯の質問をしていました。

お昼ご飯のについて説明をされることはないので、簡単に質問できるからです。

実際に働いているイメージもアピールできます。

意外とあるのが、質問内容を忘れてしまうことです。

質問タイムの前に面接で必死に自分をアピールします。

面接を頑張りすぎて、事前に考えていた質問を忘れてしまうことがありました。

企業の業績や、所属部署に関する細かいことは、特に忘れてしまいます。

お昼ご飯は生活の一部なので忘れません。

「特に質問はありません」といって、働く気がないと思われるのを防ぐ効果もありますので、隠し玉として持っておきましょう。

スポンサーリンク

NGな質問は?

基本的には気になったことを質問して、自分の悩みを解決する時間です。

しかし、場合によっては相手に悪い印象を与えてしまいます。

・面接官が答えられない質問をする
・ネットで調べればわかることを質問する
・有給や給料についてだけ質問する

以上のような質問はやめましょう。

逆に自分が面接官だったら「この人やる気あるのかな?」と思いますよね。

ただ、有給や給料については仕事のモチベーションや目的に直結します。

失礼のないように質問するのは、働く意思があると考えてもらえます。

〇前職では月40時間を超える残業が常態化しておりまして、平日が体力的にしんどいときもありました。仕事の波によることは理解しておりますが、残業はどの程度ありますか?

〇前職では上司の好き嫌いで評価が決まっており、それによって給料やボーナスが決まっておりました。御社では給料はどのような評価基準で決まりますか?

”一般的に見て現職が悪い状況”で、それを改善したい場合は遠慮しながら質問しましょう。

転職するからには、いい条件を求めるのは当然です。

質問する場合は失礼にならないように注意して確認しましょう。

まとめ(逆質問もアピールの場)

転職面接の質問タイムで使える質問を5つ紹介しました。

1.あなたと上司の方の関係性はどうですか?
2.配属予定部署の成績はいかがですか?
3.どんな格好で仕事されていますか?
4.みなさん何で通勤されていますか?
5.お昼ご飯はどこで食べていますか?

どの質問も企業分析が不要なのに、働いているイメージを持っていることをアピールできる質問だと思います。

実際に面接で聞いてみて、悪い印象を与えることもありませんでした。

最後の「質問タイム」に向けた準備の助けになれば嬉しいです。

それではー

関連記事です↓

プロフィール
しばこー
年齢:29歳(1991年生まれ)
性別:男
ひとこと:転職関係の記事も記憶が新しいうちに書いていくぞー!!

Twitter: https://twitter.com/lifeokmaru
Instagram: https://www.instagram.com/life.okmaru/
ゆるーく勉強や自己研鑽をして自分を高めていくのが目標ですb

記事作成日 2020.04.18
記事更新日 2020.12.19

コメント

タイトルとURLをコピーしました