【確定拠出年金】失敗しない商品の選び方【組み合わせのコツも紹介】

投資

こんにちは、しばこー(@lifeokmaru)です。

悲しい人
悲しい人

・確定拠出年金の商品って

 何を選べばいいの?

・適当に選んだけど大丈夫かな?

・どんな組み合わせがいいの?

という人の悩みを解決します。

記事を読んでわかること

・確定拠出年金のオススメ商品がわかる
・確定拠出年金で避けるべき商品がわかる
・組み合わせのポイントがわかる

しばこー
しばこー

何となくで選ぶと60歳で後悔します。

投資歴3年の私が分かりやすく解説します。

※最終判断は自己責任でお願いします。

確定拠出年金は「年金」と「投資」が
組み合わさって難しく感じます。

オススメの商品とイマイチな商品の特長を紹介します。

スポンサーリンク

オススメしたい商品

  • 元本保証
  • 国内債券
  • 外国債券
  • 国内株式
  • 外国株式
  • バランスファンド

6つの商品を組み合わせて、
オリジナル年金を組み立てるのがオススメです。

6つの商品について解説していきます。

元本保証

積み立てた金額を割ることがない商品です。

定期預金や保険商品を利用して積み立てます。

利益を確定したい場合に、
積み立てた資金を元本保証に移すことも可能です。

しばこー
しばこー

安定志向で、

積立金額を減らしたくない人にオススメ

国内株式

国内の株式に投資する商品です。

運用方法によって2種類に分かれます。

インデックス型:
日経平均やTOPIXなどの指数に連動
(手数料が安くオススメ)

アクティブ型:
指数を上回るようにファンドマネージャーが運用
(手数料が高く勝率も悪いのでイマイチ)

広く分散投資して利益を上げられる
TOPIX連動型のインデックスファンドがオススメです。

国内債券

国内の債券に投資する商品です。

債券とは、国や政府・地方公共団体、企業などが、資金を投資家などから借り入れるために発行する有価証券の一種です。債券の発行ごとに利率や利払日、償還日などの条件が決められており、購入した投資家はその利子を受け取ったり、元本を返済されたりします。

楽天証券:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/bond/jbond/guide/about.html

返済が必須なので
株式よりリスクが低いです。

インデックス型とアクティブ型があり、
インデックス型がオススメです。

海外株式

海外の株式に投資する商品です。

投資対象は地域で選択します。

  • 全世界
  • 先進国
  • 新興国

インデックス型を選択した場合の
各商品の比率について紹介します。

・全世界


eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー):https://emaxis.jp/fund/253425.html

全世界中の株式に分散投資します。

経済大国アメリカを中心とした比率になります。

先進国


eMAXIS Slim先進国株式インデックス:https://emaxis.jp/fund/252653.html

先進国を対象とする商品の一例です。

日本は「国内株式」の商品があるので、
日本以外の先進国を扱った商品が多いです。

全世界同様、
アメリカを中心とした比率です。

新興国


eMAXIS Slim新興国株式インデックス:https://emaxis.jp/fund/252878.html

新興国を対象とする商品の一例です。

中国の割合が大きく
台湾、韓国、インドなども含まれます。
(新興国=貧しそうな国ではありません。)

しばこー
しばこー

海外株式も

インデックス型がオススメです。

海外債券

海外の債券に投資する商品です。

債券なのでリスクは低めですが、
為替リスクがあります。

確定拠出年金は日本円で受け取るので、
為替レートによって受け取れる金額が変動します。

1ドルの海外債券100通は…

1ドル=110円のとき
→100通×110円=11,000円

1ドル=95円のとき
→100通×95円=9,500円

ドル以外の通貨の影響がありますので、
為替リスクについては考慮しておきましょう。

ハイイールド債について

海外債券では格付けの低い
ハイイールド債に投資できる商品があります。

ハイ・イールド債とは、利回りが高く信用格付が低い債券のことで、ジャンク債などともいわれます。イールド(yield)とは、直訳すると、収益、利回りという意味となります。

具体的には、格付会社などで信用格付がBB(ダブルビー)以下の評価をされている債券で、信用度が低い分、格付の高い債券より金利が高く設定されています。

SMBC日興証券:https://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/ha/J0148.html

借金を返済できずに
倒産する可能性がある会社の債券です。

通常の債券より利回りが高く魅力的ですが、
リスクが高いので注意して投資しましょう。

しばこー
しばこー

債券はセーフティーネット。

ハイイールド債はイマイチです。

バランスファンド

悲しい人
悲しい人

確定拠出年金なんて面倒だし、

投資なんてわかんないよ…

という人は、
バランス商品を100%の比率で購入しましょう。

バランスファンドは株式や債券などを
一定の割合でミックスしてある商品です。

あなたの性格と年齢を考慮して
バランスファンドの比率を選びます。

(自分で組み合わせる必要がありません。)

  • 株式:債券比率=80:20
  • 株式:債券比率=60:40
  • 株式:債券比率=20:80

など

リバランス(比率の調整)もしてくれますので、
100%購入して完全に放置できます。

少し手数料は高めですが
放置できるメリットは大きいです。

イマイチな商品

  • REIT(リート)
  • コモディティ(金、現物)
  • アクティブ運用商品
  • 新興国を扱う商品

イマイチな商品を紹介します。

組み入れないか、
少しだけにしましょう。

REIT(リート)

REIT(リート)とは、投資者から集めた資金で不動産への投資を行い、そこから得られる賃貸料収入や不動産の売買益を原資として投資者に配当する商品で、一般的に「不動産投資信託」とよばれています。投資者は、REITを通じて間接的に様々な不動産のオーナーになり、不動産のプロによる運用の成果を享受することができます。

三井住友トラスト・アセットマネジメント:https://www.smtam.jp/pickup/reit/outline/

「ミドルリスク、ミドルリターン」で、
債券と株式の間ぐらいのリスクです。

多くの資産に分散するのが投資の基本なので
債券、株式に不動産を加えるのはアリです。

  • 不動産運営会社の株式で代用できるの
  • 相場が読みづらい

という特徴があります。

しばこー
しばこー

不動産(REIT)

ばっかりはイマイチです。

投資の軸ではなく、
トッピングとして5%程度がオススメです。

コモディティ(金、現物)

コモディティ(Commodity)とは、一般に、“商品”のことを指す言葉で、コモディティ投資とは、商品先物市場で取引されている原油やガソリンなどのエネルギー、金やプラチナなどの貴金属、トウモロコシや大豆などの穀物といったようなコモディティ(商品)に投資することをいいます。投資の仕方には、直接的に商品や商品先物の市場で運用される商品ファンドが以前からありましたが、近年では、商品指数に償還価額が連動する債券などに投資する投資信託など、利用方法の選択肢が増えてきています。

SMBC日興証券:https://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/ko/J0244.html

企業型DCの確定拠出年金では取り扱いが少ない印象です。

「有事の金」と言われるほど、
株式市場暴落時には値上がりします。

分散の観点からREITと同様に、
トッピングとして取り入れるのはアリです。

  • 利回りが低い
  • 債券や元本保証で代用できる

以上の理由から
多くても5%程度がオススメです。

しばこー
しばこー

・金を扱う企業

・穀物を扱う企業

に投資して代用できます。

アクティブ運用商品

多くのアクティブ運用は、
インデックス運用に勝つことができません。

インデックス商品を上回る結果を出せる
アクティブ商品は2~3割と言われています。

確定拠出年金は60歳まで長期運用しますので、
勝率が高いインデックス型がオススメです。

しばこー
しばこー

”インデックス投資”を
選べば間違いないです。

新興国を扱う商品

新興国のインデックス商品には
以下のような国が含まれています。

  • 中国
  • 台湾
  • 韓国
  • インド
  • ブラジル
  • ・・・

引用:https://emaxis.jp/fund/252878.html

三菱UFJ国際投信サイトにて作成:https://emaxis.jp/special/chart/index.html

先進国インデックス商品(黄緑)と、
新興国インデックス商品(緑)の比較です。

新興国と聞くと「成長してそう!!」と感じますが、
実際には先進国の方が株価は上昇しています。

運用経費も先進国より高く設定されています。

成長が期待できる中国やインドがあり
面白い投資先ではあります。

退職金をつくる
確定拠出年金には不向きです。

新興国を入れる場合は
多くても10%程度がオススメです。

しばこー
しばこー

大企業は新興国に進出してるので、

先進国の株式で代用できます。

組み合わせのコツ

最後に組み合わせのコツを5つ紹介します。

  1. バランスファンドは単品で運用する
  2. 手数料の安い商品を選ぶ
  3. 債券は「国内債券」のみにする
  4. 海外株式を取り入れよう
  5. 株式と債券以外はトッピングで

バランスファンドは単品で運用する

バランスファンドは単品で
・株式と債券
・国内と海外
のバランスをとったセット売りの商品です。

バランスが最初からとれているので、
自分で追加する必要ありません。

REITや新興国をトッピングしたいときは
追加で購入が必要です。

しばこー
しばこー

どんなセットになっているかは

確認しておきましょう。

手数料の安い商品を選ぶ

「信託報酬」の安い商品を選ぶのがオススメです。

(購入手数料と売却手数料は基本的に無料です。)

信託報酬は運用会社の「運用手数料」です。
勝手に引かれていきます。

運用の成果として
年間3%の利益がでても…

・信託報酬2%の商品→1%の資産増加
・信託報酬0.2%の商品→2.8%の資産増加

2.8倍の差が付きます。

リターンを増やすために、
信託報酬が安い商品を選びましょう。

明確な基準はありませんが、
0.5%は下回ってほしいです。

債券は「国内債券」のみにする

債券の役割は以下の2つです。

  • リスクを低く抑える
  • 下落時に全体の値動きを抑える

一般的に
「株式が下落する↘と、債券が値上がり↗」します。

株価が下がるとより安全な債券に
投資家が資金を移動させるからです。

株式と債券を両方持つことで、
資産”全体として”減らないようになります。

”債券がクッション役”になります。

海外債券には為替リスクがあります。
→クッションの役割が弱い

国内債券はリスクが最小限です。
クッションとして国内債券のみがオススメできます。

しばこー
しばこー

少し特殊な意見ですので、

最終は自己判断でお願いします。

参考にした書籍↓

長期投資について理解するのにオススメです。

海外株式を取り入れよう

あきれる人
不安な人

海外株式って

ちょっとわかんなくて不安…

そんなことはありません。

分散とリターンの面から
海外株式は大変オススメです。

特に20~30代の投資期間が長い人は、
海外株式でリスクをとる選択肢もアリです。

引用:https://myindex.jp/global_per.php

実は日本の株は世界中の8%しかありません。

残りの92%は海外の株式です。

海外には有名な企業がたくさんあります↓

  • Google
  • Amazon
  • Facebook
  • Apple
  • Twitter

その株を購入できる「外国株式」には
大きな魅力があります。

株価チャートでみても
バブル期が最大の日本に対して(日経平価)
アメリカは右肩上がりで成長し続けています(ダウ平均)。

しばこー
しばこー

世界分散は投資の基本!!

海外の株式を取り入れるのは
株式投資では常識なんだね!!

外国株式は70%がアメリカ株なので、
アメリカ株の値動きを参考にしました。

株式と債券以外はトッピングで

様々な資産に分散投資するのは投資の基本です。

REIT(不動産)や
コモディティ(金・現物)への投資もアリです。

一方で
・不動産を扱っている企業
・金や原油を採掘している企業
への株式投資で代用できます。

分散目的で
・REIT(リート)
・コモディティ(現物)
を取り入れるのはOKですが、
割合が大きくならないように注意しましょう。

しばこー
しばこー

分散目的はOK。

メインは株式と債券でいきたいです。

まとめ(あとで後悔しないために)

オススメしたい商品

  • 元本保証
  • 国内債券
  • 外国債券
  • 国内株式
  • 外国株式
  • バランスファンド

イマイチな商品

  • REIT(リート)
  • コモディティ(金、現物)
  • アクティブ運用商品
  • 新興国を扱う商品

組み合わせのコツ

  • バランスファンドは単品で運用する
  • 手数料の安い商品を選ぶ
  • 債券は「国内債券」のみにする
  • 海外株式を取り入れよう
  • 株式と債券以外はトッピングで

会社で一方的に資料を渡されて、
理解できなかった人も多いハズです。

あなたの確定拠出年金を改めて確認して、
将来に向けた準備をしていきましょう!!

合わせて読みたい↓

しばこー
しばこー

自分でも将来に向けて

投資を始めてみませんか?

証券口座は簡単に作ることができます。

日本一の口座数を誇るSBI証券がオススメです。

SBI証券のメリット

  • 口座開設無料
  • NISA、つみたてNISA対応
  • 日本トップクラスの投資信託商品数
  • 手数料が安い
  • Tポイントが使える
  1. 口座開設申し込み
  2. 本人確認書類提出(ネットでも可)
  3. 初期設定
  4. 完了通知の受け取り

2週間程度で口座が開設して取引ができるようになります。

>>無料で口座開設はこちら

SBI証券[旧イー・トレード証券]
プロフィール
しばこー
年齢:30歳(1991年生まれ)
性別:男
ひとこと:そういえば私の確定拠出年金どうなったかなぁー
Twitter:@lifeokmaru
Instagram: life.okmaru
stand.fm:しばこの人生おけまるラジオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました