【アラサー男女へ】結婚、子どもは人生のゴールなの?

スポンサーリンク
生き方

こんにちは、しばこー(@lifeokmaru)です。

今日はアラサー男女に向けて、結婚や子どもに関する考えを書いていきます。

知らず知らずのうちに、人の価値観で人生を生きていませんか?

読んでほしい人

〇30歳を前に結婚を焦っている人
〇結婚はしているが、子どもがいない人
〇子どもはいるが、両親に2人目について聞かれる人

結婚や子どもに対して、何かイライラ、モンモンとしている人に向けた記事です。

私は現在29歳で、結婚していません。

周りは結婚している人もいて、独身同士の飲み会では結婚の話題が必ず出ます。

両親は「気にしていない」と言いながらも色々と聞いてきます。

私は、結婚や子どもについて全然気にしていません。

私なりの消化の仕方を紹介しますので、意見の1つとして参考にしてください。

記事を読んでわかること

〇30歳前後の結婚に対する焦りを解消できる。
〇周りの目線、期待を流せるようになる(無視できる)。
〇人生のゴールは自分で設定したらいいし、変えてもいいと思える。

30歳は人生の節目でアラサー男女の誰もが謎の焦りを感じます。

人生の1/3が終了することで焦りを感じるようで、当たり前のことですので安心してください。

アラサーを代表して、心の内面をえぐりつつ、真剣に解決策を書きます。

私は男ですが、女性限定の項目を最後に設けました。

アラサー男女のみなさん、損はさせませんのでお付き合いください。

スポンサーリンク

30歳前後で結婚、子どもって誰が決めたの?

そもそも、「30歳前後で結婚して子どもを作る人生が幸せ」って誰が決めたのでしょうか?

私たちアラサー世代の、両親や祖父母と同じように生きていく場合だけです。

特に女性は、出産に体力がいるので「早く」と考えがちです。

未婚のアラサー男女に1つ質問があります。

「本当に自分の子どもが欲しくて、将来にわたって育てていきたいですか?」

子どもが生まれると、金銭面だけではなく生活面でも制限がうまれます。

子どもの成長をみて、自分も成長できると耳にします。

親になるということは、きっと素晴らしいことだと想像します。

でも、失うものがあることも忘れてはいけません。

”一生独身で70歳を過ぎて孤独死する”というのは避けたいのは分かります。

でも、孤独死と出産(子ども)は、別々に考えるべきです。

一緒に寄り添って生きていきたい、という人が40歳で見つかる可能性もあります。

40歳で結婚したらいいと思いませんか?

30歳ぐらいで結婚しないといけない気がするのは、自分が勝手に思っているだけではありませんか?

両親が幸せそうなのは一例であって、全員ではありません。

結婚、子ども(出産)に対して、立ち止まって自分の気持ちを整理してみましょう。

スポンサーリンク

誰かの人生を生きていませんか?

  • いい高校に入ってほしい
  • いい大学に入ってほしい
  • プロ野球選手になってほしい
  • 借金をしている
  • 彼氏がパラサイト状態になっている

自分の気が付かないうちに、誰かの人生を生きていませんか?

両親に勧められて偏差値の高い大学を目指す。

借金をしていて、週の半分は借金返済のために働いている(計算上)。

仕事をして、帰ってきたら彼氏の面倒を見ている。

自分の人生でなく、人のために生きている状態があります。

30歳くらいで結婚するものだ、というイメージは誰かが作った幻想です。

人と比べたり、人の真似をする必要はありません。

自分の人生は、思うように生きていけばいいのです。

スポンサーリンク

ゴールは自分で決めていいし、途中で変えてもいい

人生のゴールは自分で決めたらいいのです。

結婚や子どもに縛られる必要はありません。

1回決めたゴールも途中で「違うな」と感じたら、変えていいと思います。

今の自分に合ったゴールを設定しながら生きていくのです。

人間は1度決めたことを変えたくないと考えてしまいます。

「一貫性の法則」といって、心理学的にも証明されています。

小学生の頃に、自分で決めたことは最後までやりなさい!!と言われた人も多いのではないでしょうか?

今の自分にはフィットしないなぁ、と思ってもゴールを変えられない人は、変更して新しいゴールを設定しましょう。

自分のゴールを何度も修正しながら、自分の満足できるゴールを目指しましょう。

その中に「結婚」や「子ども」が入ってきたときは、全力でゴールを目指したらいいのです。

自分の人生ですから、自分が幸せだと思う方向を目指すべきです。

周りと比較したり、一般的な幸せを目指す必要はありません。

スポンサーリンク

女性限定(男より辛い想いをしているあなたへ)

女性は男性より辛い人生のレールを敷かれています。

  1. 結婚はいつするの?
  2. 相手はどんな人なの?出身、年収は?
  3. 結婚式はするの?
  4. 子どもはいつできるの?
  5. 2人目はいつできるの?
  6. 息子(娘)さんはどこの学校に行っているの?
  7. 大学はどこに合格したの?
  8. どこに就職したの?

もちろん、時代遅れだと私は考えます。

友達、両親、親戚。。。悪気はなくても、当たり前のように確認してきます。

評価は周りと比較して”相対評価”で行われます。

女性の人生って何なんでしょうね。。。

男女平等って、日本では中途半端ですよね。。。

体への負担もあるので、年齢を重ねてから出産するのは危険です。

でも、結婚と出産をゴールにしてしまうのは、あなたの人生ではありません。

1人目を作って両親に報告したところで、「2人目の予定は?」と聞かれます。

男性以上に、囚われない考え方をしてほしいと、私は思います。

仕事に打ち込んでもいいし、結婚は50年一緒にいられる人を冷静に選んでほしいです。

両親や祖父母には、”あなた自身”が恩返ししたらいいのです。

孫(ひ孫)を見せるのは恩返しかもしれませんが、責任は取ってくれませんからね?

私(♂)が書くと無責任に感じる人もいると思います、すみません。

苦しんだ経験をした人が周りにいるので書いてみました。

スポンサーリンク

まとめ(年齢に囚われない考え方を)

30歳前後で結婚、子どもって誰が決めたの?

「本当に自分の子どもが欲しくて、将来にわたって育てていきたいですか?」

誰かが決めた幸せに合わせなくてもいい!!

誰かの人生を生きていませんか?

両親が期待したように生きていませんか?

人の真似をしたり、比べたりしなくていい!!

ゴールは自分で決めていいし、途中で変えてもいい

ゴールの設定は1回でなくていい!!

ちょっとずつ修正しながら、自分のゴールを目指そう!!

女性限定(男より辛い想いをしているあなたへ)

ずっと色々言われるかもしれないケド、気にしなくていい!!

孫を見せるだけじゃなくて、あなた自身が親孝行してもいい!!

いかがだったでしょうか?

アラサーになって、飲み会のたびに結婚の話をしている気がします。

ネタの1つとしては面白いし、お酒も進みます。

でも、あんまり囚われるのはよくないと感じました。

それではー

以下、関連記事です。

モヤモヤの解消方法を紹介します。

自分の周りだけを見ないで、もう少し俯瞰して考えるとスッキリしますよ。

結婚や子どもで喜んでもらうのではなく、当たり前に感謝を伝えましょう。

相手に喜んでもらう方法なんていくらでもあります。

結婚や子どものことで落ち込んでいる人がいたら、3つのステップで励ましてください。

自分が経験していないことでも、励ましてあげられます。

プロフィール
しばこー
年齢:29歳(1991年生まれ)
性別:男
ひとこと:キーワード選定が難しい。。。検索してくれた人は満足してくれただろうか。。。

Twitter: https://twitter.com/lifeokmaru
Instagram: https://www.instagram.com/life.okmaru/
ゆるーく勉強や自己研鑽をして自分を高めていくのが目標ですb

記事作成日 2020.08.15

コメント

タイトルとURLをコピーしました