【生き方】周りの5人の平均が未来のあなた【ポジティブになれる】

生き方

こんにちは、しばこーです。

みなさんはこんな言葉を聞いたことがありますか?

あなたはもっとも多くの時間をともに過ごしている5人の平均である

Jim Rohn (アメリカの起業家)

この名言について、私の体験談を踏まえながら、付き合う人を選ぶことで、未来の自分を変える方法を紹介します。

2019年01月頃、仕事では上司にバカにされ、プライベートでは好きだった人にフラれて精神的にボロボロで、いつも卑屈な考え方ばかりしていました。

そんな状態から、1年たたないうちに、

仕事→ひとりで任されるようになった。

プライベート→ブログ運営、友達とスノーボードに行く企画たてる。

など、当時からは考えられないほど、ポジティブに人生を楽しめるようになりました。

私の変化の様子を紹介して、周りの5人を入れ替える具体的なステップを3つ紹介します。

スポンサーリンク

変化の様子

卑屈だったころの様子

仕事で失敗:自分はこの程度の人間だから
仕事で成功:誰でもできる仕事だから

私の職場は優秀な人に囲まれているので、不器用な私は、周りからみて明らかに劣っていました。

仕事も広く浅く任されていたので、器用貧乏になっていました。

仕事が遅く、仕事を任せきってもらえないことから、上司からイジられてばかりでした。

冗談だと分かっていても、自分の気にしている点を指摘されると、卑屈になっていました。

明るくポジティブになった現在の様子

仕事で失敗:やっちゃった。。。 どうやって挽回しよう
仕事で成功:よかったぁ。。。 次も同じ感じでやってみよう

仕事は今でも広く浅く任されますが、器用貧乏なのを活かして、何でもそつなくこなすキャラとして認められるように(認めてもらえるように)なりました。

以前は

専門的なことはできなくて、人ができることはできる」という卑屈な気持ちで仕事で仕事をしていました。

現在は

すべての仕事を70点でこなせて、自分で仕事を進められる」という個性を活かして仕事をできるようになりました。

1年間の仕事を通じて、でできることが増えたのも事実ですが、仕事のスタイルは変わっていません。

周りの人が変わったことで、自分の考え方が変わったことが要因であると考えています。

周りの5人を入れ替える具体的なステップ

それでは具体的なステップを紹介します。

難しくはありませんが、何もしなくていいわけではありませんので、自分を変えたい、ポジティブになりたい人は、勇気をだして行動してみましょう。何もしなければ何も変わらない。

下位2名を入れ替えるイメージでいい

職場の人、家族はどうしても一緒にいる時間が長くなってしまうので、上位を占めてしまいます。

なので、上位1~3位はある程度固定されてしまいます。

それは諦めて、下位2名を入れ替えるイメージで付き合う人を変えていきましょう。

特に、苦手な人だけど一緒にいる人であれば、必要最低限のコミュニケーションにとどめましょう。

仕事のやりとりだけにするとか、必要以上に気を使わないとか、話しかけないとか。。。

○急に話しかける頻度を下げる
○冷たくして関係がギクシャクする

相手が不審に感じるほど対応を変えて、仕事がしづらくなっては、逆に自分へのストレスが増えてポジティブになれないのでやめましょう。

あくまで、接する頻度を少し落として、別の人を上位にランクインさせやすい環境にもっていく程度でいいことを意識してください。

憧れの人、好きな人にどんどん会う

積極的に憧れの先輩、親しい友人、家族に連絡をとりましょう。

会える場合は、直接会って話をしましょう。

会って話をするだけでいいポイントは2つあります。

○仲がいい→意見を素直に聞ける
○意見を聞く→考え方が似てくる

以上のポイントから、自分を変えたいと強く思わなくても、一緒にいるだけで思考パターンや判断基準、価値観が似てくるので、結果的に自分が変わってきます。

しかも、憧れの人、好きな人に近づいていきます。

自分の考え方が似てくると、相手と共感できるポイントが増えてくるので、もっと仲良くなっていきます。

実践するポイントは、遠慮はしないことです。

「誘われたら行くけど、自分からは誘わない」という人が大半なので、自分が誘う側に周りましょう。

逆に、自分が誘われたときに、誘われて嬉しいという感情になりませんか。

相手だってそう思うはずです。

だから、遠慮しないで、自分から声をかけましょう。

予定があっても、ずらして会ってくれるかもしれないし、断られた場合は、別日を調整できる可能性があります。

Youtube、本をたくさん見る(読む)

人と会うだけではなく、Youtuberや過去の偉人たちを上位5人にランクインさせても構いません。

私は好きなYoutuberを毎日見て、自分の上位5人に入るようにしていました。

その人がおすすめする本もどんどん読んで、少しでも価値観が近くなるように努力をし続けました。

(今では、会ったことあると錯覚するほどになってきました。)

好きな作家さんの本をひたすら読み続けてもいいと思います。

上でも書いたように、憧れの人、好きな人の判断基準、価値観を知る時間を増やすことが目的です。

ただし、エンターテイメント性が高いと、効果は薄くなります。

○ゲーム実況、やってみた動画
○小説

といった、エンターテイメント性が高い動画や本では、価値観や判断基準に触れることがないからです。

○ビジネス関係の動画
○ビジネス書

少しハードルを感じるかもしれませんが、動画なら20分程度、本も高くて\2,000程度です。

今後の人生を変えるきっかけとしては、どちらも安いものだと思います。

最後に、私のおすすめする人を紹介しますので、動画や本を探すきっかけにしてみてください。

おすすめのビジネス本はこちらも参考まで↓

番外編:環境の変化もチャンスとして捉える

学生  →学年が変わるタイミング
社会人 →人事異動や転職

など、外的要因によって付き合う人が大きく変わるタイミングがあります。

自分への影響が強かった、上位1位~3位の人が急にランキング外になります。

変えられないと思っていた人間関係が変わることは、戸惑うことや、素直に喜べないこともあると思います。

大好きだったあの人が異動になる可能性と同じ確率で、苦手だったあいつが異動になる可能性もあるわけです。

そのタイミングを、思い切ってチャンスと捉えましょう。

上位1位~3位が入れ替わることはそうありません。

私も大きな変化を体験して、最初は不安でしたが、結果的に大きく成長するきっかけになったと思います。

環境の変化は怖いと感じますが、外的要因は自分でコントロールできません。

上位がいなくなることで、今まで6位以下だった人たちと一気に関わる機会が増えます。

新しい5人で自分が構成されていくことになるでしょう。

もし、自分を変えたい、ポジティブになりたいと思っているのであれば、またとないチャンスです。

新しい5人を選んでいきましょう。

おすすめの人

最後に、今のままでは嫌だけれど、新規に加えたい人物がいないという人に、私がおすすめする方々を紹介します。

両学長

第72回 波乱万丈を乗り越えた経営者が教える!自己肯定感をアップさせる4つの方法【人生論】

私が最近で1番影響を受けている人です。

毎朝7時に新しい動画が公開されるので、会社に行く前に見ています。

1日の最初に声を聴く人です。

両学長の動画を参考にブログを書くこともありますし、そもそもブログを始めようと思うきっかけを作ってくれた人です。いつも感謝しています。

ちきりん

有名ブロガーのちきりんさんです。

影響を受けている人も多いと聞きます。

私は「マーケット感覚を身につけよう」読んだだけですが、会社の昼休みに毎日読んでいた影響で、世界の見方が変わってきました。

世の中の動きや、これからの時代の考え方を学ぶ視線が身につきました。

【2020.01.26追記】

別著「自分のアタマで考えよう」「自分の時間を取り戻そう」読了。

「自分の時間を取り戻そう」は感動しすぎて、勤め先の社長にプレゼント用で新品を買い足しました(笑)

moto

有名ブロガーのmotoさんです。

「転職と副業のかけ算」は読者が選ぶビジネス書グランプリ2020にノミネートされています。

年収240万円から転職を繰り返して年収1,000万円にした話に加えて、ブログ、twitterで4,000万円を稼いだノウハウを惜しみなく公開しています。

「給料はもらうものではなく、稼ぐもの。」仕事の働き方について影響を与えてくれた人です。

スポンサーリンク

まとめ

周りの5人が未来のあなた

周りの5人の性格を平均した姿が未来の自分の姿です。

自分を変えたい、ポジティブになりたい人は、憧れの人、明るくて素敵だと思う人と意図的に関わるようにしましょう。

周りの5人を入れ替える具体的なステップ

〇下位2名を入れ替えるイメージで
〇憧れの人、好きな人に声をかける
〇Youtube、本を活用する

最後に

この法則を私も正直、信じていませんでした。

意識して行動したというよりは、結果的にそうだったという感じですが、私のブログを読んで、まずは1人、入れ替えてみるところからスタートしてみてはいかがでしょうか。

この法則が実戦向きだと感じるのは、一緒にいる時間を延ばす以外にも、その人のことを考える時間を延ばすことでも効果があることです。

○言っていたことを思い出す
○言っていたことについて考える
○知り合いに紹介する

Youtubeを見る時間、本を読む時間を会社にいる時間より長くすることはできません。

しかし、通勤時間や買い物の時間、お風呂の時間に思い出すことで、価値観や判断基準を自分に落とし込んでいけます。

さらに、もっと面白そうな人を見つけたら、別の人に浮気しても、誰も気が付かない。

いかがだったでしょうか。

私と同じように、下を向いていたところから、少しだけ前を向ける人が増えると嬉しいです。

それではー

プロフィール
しばこー
年齢:28歳(1991年生まれ)
性別:男
ひとこと:今後は生き方に関する記事もどんどん書いていこうと思います。誰かの参考になれば嬉しいのですが。。。

Instagram:https://www.instagram.com/life.okmaru/
Twitter:https://twitter.com/sh1baco
ゆるーく勉強や自己研鑽をして自分を高めていくのが目標ですb

記事作成日 2020.01.09
記事更新日 2020.01.26

コメント

タイトルとURLをコピーしました