【投資】楽天ポイントが入ったので投資信託を買い足しました【日記】

投資

こんにちは、しばこーです。

10月分の楽天ポイントが入りましたので、今月の投資信託を買い足しました。

もちろん、購入するのは先月と同じく「楽天・全米株式インデックス・ファンド」です。

先月の記事はこちら↓

今月は約1,400ポイントです。

先月の1,700ポイントと合わせて、3,100ポイント程度となりました。

また、今月の運用実績としては、-27円となっています。

この投資信託ですが、楽天証券の買付ランキング1位、積み立て設定ランキングも1位と、

圧倒的人気を誇る投資信託となっています。

私も漏れなく、人気の商品を毎月の楽天ポイントで買い付けていって、どこまで増えていくのか、

また、減っていくのかを実験しています。

残りの期間限定ポイントは楽天モバイルの支払いにまわすことにしました。

(楽天経済圏への移行もおわり、ポイント倍率が高い状態を維持できています。

楽天経済圏移行へのメリットについては別途記事にします。)

楽天・全米株式インデックス・ファンド は非常に人気があり、

また、アメリカのトータルマーケットを購入するという意味では

経済大国アメリカの企業全体に分散投資できているので、非常にいいのですが。。。

ここ最近、投資を始めた人たちが米国株に注目しているようで、日本でも人気が過熱しているようです。。。

それもあってか、米国株全体が高騰気味で、長年にわたって投資をしてきた先輩たちの中では割高だと感じている人もいるようで、

アメリカ株や米国高配当株ETFを購入するのをやめているという声も聞こえます。。。

特に私も購入している高配当株ETFは、割高な状態で購入すると、配当利回りが下がってしまうので注意が必要です。

私が楽天ポイント以外で購入しているETFについてはこちら↓

ポイント投資で買い付けている楽天・全米株式インデックス・ファンドは

インデックス型の投資ファンドですので、

値段を気にせずドルコスト平均法で購入していけばいいのですが、

なんとなーく、暴落までもいかなくても、値下がりが見えているような気がするのは不安になってしまいます。。。

でも、現在までは絶好調ですので、愚直に買い続けることで、資産を増やせると信じて頑張りたいと思います。

いつまで上がるのか、いつから下がるのかは誰も予想することができません。深読みして買い時を逃さないための、ドルコスト平均法による積み立て投資です。

実際のところ、楽天ポイントだけしかつかっていませんしね(笑)

ただ、今月の米国高配当株ETFの購入金額は少し抑えてみようかなぁと思っています。

割高という意見があるのに、わざわざ攻めの投資をする必要はありませんからね。

それよりも、タイミングが来たときに勝負できるように貯金を作っておくことにしたいと思います。

ここまでは強気の投資をしている理由はこちら↓

このへんの駆け引きを自分で考えてできるようになれば、もっと投資家として成長していけると思うのですが。。。

(完全に周りの意見に流され放題。。。)

いかがだったでしょうか。

ポイント投資は自分の実際のお金を使わないで資産形成をできるので

投資をやってみたいけど、不安な人には大変オススメです。

楽天ポイントを使える楽天証券、Tポイントを使えるSBIネオモバイル証券など、ポイント投資が可能な証券会社も増えてきました。

お金の問題って、考えたくないし、目を背けたいし、日本の風習としてお金の話はタブーな雰囲気がありますが、

老後2,000万円問題、消費税増税、トヨタの終身雇用破綻宣言などなど、

意味もなく不安をあおるニュースはたくさん見かけます。

このブログをきっかけに、1回お金について考える機会にしてもらえたらうれしいです。

ブログを書いている私も、漠然とした不安をぬぐうためにお金の勉強を始めました。

ここまで読んで頂いたあなたと同じ境遇で、一歩だけ先に勉強を始めただけにすぎません。

一緒に勉強していきませんかー?

それではー

プロフィール
しばこー
年齢:28歳(1991年生まれ)
性別:男
ひとこと:Google Adsenseの広告つきましたね!! ひとつ目標としていたことなのですっごくうれしいです!! ますます、見る人の役に立つ記事を書いて、閲覧数を増やしていきたいと思いました!!

Instagram: https://www.instagram.com/life.okmaru/
Twitter: https://twitter.com/sh1baco
ゆるーく勉強や自己研鑽をして自分を高めていくのが目標ですb

記事作成日 2019.10.16
記事修正日 2019.11.06

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました