【投資】郵便局の投資信託ってどうなの【初心者向け】

スポンサーリンク
投資

こんにちは、しばこーです。

今日は郵便局の投資信託商品を調べてみました。

最近は投資ブームで、銀行も保険会社も郵便局も投資商品、投資信託を用意しています。
みなさんも投資って怖いけどやらないとやばそうって思ってませんか?

郵便局に再配達の荷物を取りに行ったついでにパンプレットだけもらってきました。

数、多すぎませんか(;’∀’)?

これだけあったら決められないでしょ。。。

そこで、いったいどういった投資信託商品があるのか、調べてみました!!

結論からいうと、「思ったより全然悪くない!! でも私なら自分でやるかなぁ。。。」って思いました。

理由は以下の4つです。

1.インデックス投資の商品はそんなに悪くないけど。。。
2.手数料が高すぎる
3.運用のプランがいまいちピンとこない
4.毎月配当型の商品があって、若干不安

以上4つです。順にみていきます。

1.インデックス投資の商品はそんなにわるくないけど。。。

インデックス投資とはなんだろうという方は、以前の記事で簡単に説明しておりますのでよかったら見てみてください。

さて、郵便局で扱う投資信託は、様々な種類がありますが、インデックス投資の商品も多いことがわかりました。

インデックス投資は長期投資としては非常に優れていて、また、配当金についても自動で再投資してくれる商品もあるようです。

さらに、リスクを分散するために日本債券、日本株式、海外債券、海外株式に分散してくれるものなど、とりあえず任せっきりで分散しまくり!!ってことはしてくれるようです。

投資について、お金について考えたくない!!
という方には向いているのかなぁと思いました。

2. 手数料が高すぎる

私が自分でやったほうがいいと思ったのは、この理由がほとんどです。

投資信託には3つの手数料が発生します。

〇購入時手数料
(買い付け手数料とだいたい同じ意味)

〇運用管理費用
(日々の運用費用とだいたい同じ意味)

〇信託財産留保額
(解約手数料とだいたい同じ意味)

まず、買い付け手数料、解約手数料がある商品ばかりであることに驚きました。。。

私は楽天証券で投資していますが、買い付け手数料のない商品がごろごろあります。
なので、郵便局が買い付け手数料がある商品ばかり扱っていることに驚きました。。。

郵便局ってお年寄りや、ネット証券とかよくわかんない!!って人が来るところなのに、そこで買い付け手数料、解約手数料のかかる商品ばっかり紹介するってどうなんでしょうか。。。

郵便局の窓口の人たちはその商品を自分のおじいちゃんやおばあちゃんに紹介できるのかなぁ(:_;)?

また、運用費用も高すぎます。ざっくり見たところ、0.2%~1.8%でしょうか。

高いですね。。。 アメリカのETF(←投資信託の仲間のようなもの)は0.06%とかで運用してます。10倍以上の運用費用が日々かかっていることになります。。。

日本の楽天VTIでも0.16%で運営しています。ちょっと高いかなぁ。。。

一説では0.2%を超えたら高いと判断していいと言っている人もいます。

3.運用プランがいまいちピンとこない

〇世界の外貨に投資するもの
〇先進国に投資するもの
〇新興国に投資するもの
〇不動産投資するもの

このあたりのことは書いてあります。だから何に投資するのかはわかりました。

ただ。。。

〇国の内訳は?
〇具体的な割合は?
〇投資する会社は?

というのがイマイチまいちわかりにくい商品もありました。

ただし、しっかり読めば割と書いてある商品もあるので、この点に関してはちゃんと吟味することが必要かもしれません。

4. 毎月配当型の商品があって、若干不安

これは、実は私も毎月配当型の商品を持っていた経緯があるので、今まで知りませんでした。

毎月配当がでるので、内心ニヤニヤしていました。。。 恥ずかしい。。。

毎月配当型の商品は、運用がうまくいって利益がでているときは大丈夫ですが

利益が出ていないときは、ファンドの運用資産を崩して配当を出しています。

そのため、ファンドの運用資金が減ってしまうのです。。。
(一緒に基準価格も下がってしまいます。)

つまり、目先の利益のために長期的な運用資金を減らしてしまっているのです。

投資は掛け算の世界です(年利3%で運用した場合、100万円→103万円となり、10,000万円→10,300万円となります)。

だから、ファンドの総資産って長い目で見たときに非常に重要なんです。

せっかくなので郵便局の投資信託の委託先として書いてある企業の運用資金を調べてきました。

日興アセットマネジメントが25兆円くらい
野村アセットマネジメントが35兆円くらい
東京海上アセットマネジメントが6兆円くらい?
のようです(全部ではありません、目についたファンドだけ調べました)。

先ほど紹介したアメリカのETFを運用している企業の運用資金は605兆円です。。。

うーん。。。 アメリカすごい(;’∀’)

まとめると

1.インデックス投資の商品はそんなに悪くないけど。。。
→お金のことを考えたくない人はいいかも?

2.手数料が高すぎる
→買い付け、解約、運用どの手数料も高いと感じる。

3.運用のプランがいまいちピンとこない
→ちゃんと読めば大丈夫そう

4.毎月配当型の商品があって、若干不安
→毎月配当商品は避けたほうがいいと思います

こんなところでしょうか。。。
自分で考えて投資した方が納得できそうかなぁというのが正直なところでした。

今度は銀行でパンプレット集めに行こうかなぁ。。。
ほかにも調べてほしいことがあればやりますのでご連絡くださいb

それではー

プロフィール
しばこー
年齢:28歳(1991年生まれ)
性別:男
今年のテーマ:英語の勉強(TOEICの受験から始めました)
Twitter: https://twitter.com/sh1baco
ゆるーく勉強や自己研鑽をして自分を高めていくのが目標ですb

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました