相手のことが理解できないときに思い出す3つのこと

スポンサーリンク
生き方

こんにちは、しばこー(@lifeokmaru)です。

今回は、相手のことがわからなくて、人とのコミュニケーションがうまくいかないときに、考えておきたい3つのことを紹介します。

今回の記事は、相手のことが理解できず

〇コミュニケーションがうまくとれない
〇自分の想いが伝えられない
〇人と話すことに苦手意識がある

という人に役立つと思います。

私は、学生時代はスターバッ〇クスコーヒーでアルバイトをしていました。

たくさんのお客さん、パートナーと関わってきました(スタ〇バでは店員のことをパートナーと言います)。

社会人として働き始めてからは、本社、工場合わせて150人程度と一緒に仕事をしてきました。

どちらで働いている時も

相手の考えていることがわからない

ということがたくさんありました。

そんなとき以下の3つを意識することで、乗り切ってきました。

1.本気で相手の立場を想像する
2.言い回しを工夫する
3.見えている世界が違うことを思い出す

意識するだけで、相手のことが少しずつ理解できるようになってくるはずです。

1つずつ紹介していきます。

スポンサーリンク

本気で相手の立場を想像する

相手の立場を想像して行動してみましょう。

「頼まれるの」と「お願いされるの」は違いますよね?

相手の立場で、自分だったらどうされたら嬉しいのか、嫌なのかを想像しましょう。

それだけで、相手のことを理解できる可能性が大きく上がります。

「なんでわかってくれないの!!」

ではなく

「自分だったらどう考えるんだろう?」

そう考えるようにしましょう。

あえて「本気で」と付け加えたのにも理由があります。

自分のなったことない立場でも想像できるだけ本気で考えてください。

Q:課長になったことがない
A:自分に部下ができたときにどう行動してくれたら嬉しいかを想像する。

本気で相手の立場を想像したときに、相手のことを理解できることは大いにあります。

相手の立場を想像できるようになると、言い回しの工夫が重要であることに気が付きます。

次は言い回しについて紹介します。

スポンサーリンク

言い回しを工夫する

人とのコミュニケーションが苦手、自分の想いが伝わらないという人は、言い回しを工夫しましょう。

相手の立場を想像できた上で、言い回しを工夫できると、一気に人とのコミュニケーションが楽になります。

例えば。。。

  • A:書類を事務所に提出しておいて。
  • B:書類を事務所に持っていってくれない?

どっちの方が気持ちよくやりたいと思いますか?

Bの方がやってあげたくなると思います。

他にも

「早くして」→「時間あるしサクッとやっちゃおう」

「何度も言ってるけど」→「あれ?この前も言わなかったっけ?」

少しだけ言い回しを工夫するだけで、相手に気持ちよく行動してもらうことができます。

変にへりくだることはありませんが、相手の気持ちを想像した言い回しは、相手の理解につながります。

それでも、相手のことが理解できなかったり、思ったように行動してもらえないことはあります。

最後に、自分の見えている世界と、相手の見えている世界の違いを思い出してみましょう。

スポンサーリンク

見えている世界が違うことを思い出す

人によって見えている世界が違います。

できるだけ相手のことを理解しようとしても、最後は「自分と人は違う」にたどり着いてしまいます。

でも、理解した上で接することで、相手のことを理解できるようになります。

何を言っているのかわからないので、私が実際に感じた例を紹介します。

先日、会社の先輩の娘さん(幼稚園生)に会社の案内をしていました。

手を引いて、「あっちにお父さんがいるねー」と指をさしました。

でも、娘さんの目線では見えなかったんです。

会社の扉は上半分だけがガラスだったからです。

職場は大人だけがいる前提で設計されていますし、自分も不自由を感じたことがありません。

しゃがんでみて、「あー、○○ちゃんの目線だと見えないんだ。。。」と気が付きました。

小さい子が相手だと自然にできる「相手の目線に合わせる」という行動が、大人同士だとできないことが多いのです。

相手の見えている世界が違う、目線を合わせて話すことで、理解できる幅が広がると思います。

スポンサーリンク

まとめ

相手のことが理解できないときに思い出す3つのこと

1.本気で相手の立場を想像する
→自分のなったことない立場であろうが想像する。

2.言い回しを工夫する
→相手に気持ちよく行動してもらう。

3.見えている世界が違うことを思い出す
→目線が違えば世界が違う。常に相手目線で。

いかがだったでしょうか。

これを読んでいるあなたは、理解したい相手がいる素敵な人です。

人の行動を変えたいと思っている人です。

今日紹介した3つを思い出して行動することで、人のことを理解できる人間になれます。

相手のことを想像した結果、間違った妄想だった、なんてことも結構あります(笑)

でも、その失敗は相手を傷つけないし、相手からも歩み寄ってきてくれるきっかけになります。

ぜひ一緒に頑張っていきましょう。

それではー

プロフィール
しばこー
年齢:29歳(1991年生まれ)
性別:男
ひとこと:人とのコミュニケーションが得意になると、生きていく上ですごく便利です。学ぶ機会も増えますよ!!

Twitter:https://twitter.com/lifeokmaru
Instagram:https://www.instagram.com/life.okmaru/
ゆるーく勉強や自己研鑽をして自分を高めていくのが目標ですb

記事作成日 2020.03.22

コメント

タイトルとURLをコピーしました