【無理しなくてOK】苦手な雑談をラクにする3つの方法

雑記

こんにちは、しばこー(@lifeokmaru)です。

悲しい人
悲しい人

とにかく雑談が苦手…

初対面の人と仲良くなりたいのに、緊張して黙ってしまう…

こんな悩みを解決します。

記事を読んでわかること

・雑談に対するハードルが下がる
・無理に雑談しようとしなくなる
・自分も相手も自然と笑顔になれる

しばこー
しばこー

スタバ店員として
多くののお客さんと雑談してきました。

プライベートでは合コンやオフ会に参加してきました。

雑談は得意中の得意です。

「雑談の”たちつてと”を覚える」のような話はしません。

覚えてもお互いに興味の薄い話をして、盛り上がらないからです。

雑談の”たちつてと”とは?
タ:食べ物
チ:地域
ツ:通勤・通学
テ:天気
ト:富(景気・ニュース)
鉄板テーマとして知られています。

本記事では、無理なく雑談できる方法を紹介します。

さいごまで読んでもらえたら、
明日からラクに雑談できるようになります。

スポンサーリンク

雑談をしようとしない

「さぁ!!あなたと私で雑談しましょう!!」と考えると、
「何を話したらいいの!!」とパニックになります。

しばこー
しばこー

友達とは普通に会話できるよね!!

雑談が苦手な人は、「雑談しよう!!」としすぎです。

会話を楽しむつもりでリラックスして臨みましょう。

雑談をラクにするためには、
順番が大切です。

①自分の話
②相手の話
③共通の話題

この順で話していくと簡単に雑談できます。

それぞれ紹介していきます。

自分の話から始める

雑談が苦手な人は相手に合わせようとしすぎです。

しばこー
しばこー

相手(周り)の顔色を気にして
「こんな話していいのかな…」

と心配ばかりしていませんか?

大丈夫!!
雑談は”雑な談義”をする場です。

全部おもしろい話である必要はありません。

きっかけとして、
自分の話から始めてみましょう。

・学生時代の部活の話
・自分の好きなアニメやマンガ
・最近食べたおいしい食べ物

相手も「私の場合は…」と参加できる内容がおすすめです。

しばこー
しばこー

話が面白くなくても大丈夫だよ!!

黙ってしまうと気まずくなっちゃうからね。

自分の話ですから、自信をもって話しましょう。

好きな話題を自分のペースで話してみましょう。

雑談が苦手なあなたでも大丈夫です。

好きな話だからといって
興奮しすぎないように注意したいですね。

ひとしきり自分の話が終われば、次は相手の番です。

・あなたの学生時代の部活は?
・はまっているアニメ、マンガ、ドラマは?
・最近食べたおすすめの食べ物は?

こちらは話していますから、聞いても大丈夫です。

しばこー
しばこー

相手の名前を聞くなら、まず自分から。
ってことだね。

聞く前に相手が乗ってきてくれたら最高です。

繰り返しですが”雑談は会話”です。

相手も話してくれることで成立します。

スポンサーリンク

相手の話をしてもらう

相手の話を真剣に聞きましょう。

雑談が盛り上がるかは、ここで決まります。

困ってる人
困ってる人

会話しているようで、会話していない人を見かけるよ。

あなたは大丈夫?

実際の例を見ながら考えてみます。

A子さんとB美さんの会話です。

A子:この前、渋谷のカフェでケーキ食べてきたのよ。
B美:○○のカフェでしょ?おいしいよね!!私も行ったことあるの!!
A子:それでショートケーキを食べて、甘さ控えめでおいしかったの。
B美:私のときはモンブランを食べたわ!!モンブランもおいしいわよ!!

果たしてこの二人は会話をしているのでしょうか?

どちらも自分の話をしていて、会話になっていません。

お互いに話したい話をしているだけだと
文章で見ると気が付きます。

しばこー
しばこー

A子さんの話をもっと聞いてあげよう!!

A子:この前、渋谷のカフェでケーキ食べてきたのよ。
B美:なんていうお店?おいしかった?
A子:○○っていうお店よ。ショートケーキが甘さ控えめでおいしかったの。
B美:ショートケーキかぁ!!そのときの写真とかないの?

A子さんはドンドン話してくれて、雑談は大盛り上がりです。

雑談が苦手でも、相手に話してもらえば安心です。

相手に話してもらうためには、
適切なあいづちが必要です。

相手に話してもらいやすい
あいづちの方法を3つ紹介します。

①詳細を聞く


聞いただけではわからなかった点を質問します。

先ほどの例では「お店の名前や味」について質問しています。

②オウム返し


相手の使った単語を繰り返します。

先ほどの例では「ショートケーキかぁ!!」と繰り返しています。

「うんうん」よりも聞いている感じが出せます。

③まとめる


相手の話を軽くまとめる方法です。

先ほどの会話で使うとしたら
「○○ってお店のショートケーキって聞いたことある」です。

やりすぎると、ウザイ人になるので注意です。

自分の話をして、相手の話を聞いてきました。

ここまででも十分ですが、
さいごに雑談マスターになるための1手を紹介します。

共通の話題を見つける(見つかる)

自分の話をして、相手の話をしてもらいました。

しばこー
しばこー

共通の話題を探していこう!!

もしかしたら、すでに見つかっているカモ?

共通の話題があれば
苦手な雑談から解放されます。

悟る人
雑談が
苦手な人

テーマのある話なら大丈夫。

何を話したらいいか迷わないもの。

自分の話をして、相手の話を聞いたからこそ、
共通の話題にたどり着けました。

スポンサーリンク

まとめ(雑談は会話)

・雑談をしようとしない

雑談はテーマのない会話です。
「さぁ!!雑談しよう!!」と頑張りすぎない。

・自分の話から始める

自分の話題を自分のペースで。
面白くなくてもOK!!

・相手の話をしてもらう

あいづちを使って、相手に話してもらう。
気が付いたら自分の話にならないように注意。

・共通の話題を見つける(見つかる)

共通の話題が見つかれば雑談から卒業!!
テーマに沿って楽しく会話する。

いかがだったでしょうか。

お互いの話をして、自分と相手の共通点をみつける。

その架け橋になるのが雑談です。

しばこー
しばこー

難しく考えないで、
まずは自分から話してみよう!!

それではー

プロフィール
しばこー
年齢:30歳(1991年生まれ)
性別:男
ひとこと:「暑くなりましたねぇ」とか「3日くらい前すごく寒くなかったですか?」みたいな雑談の方がつらくない?
Twitter:@lifeokmaru
Instagram: life.okmaru
stand.fm:しばこの人生おけまるラジオ

記事作成日 2021.06.03

コメント

タイトルとURLをコピーしました